コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センチュウ(線虫) せんちゅう

百科事典マイペディアの解説

センチュウ(線虫)【せんちゅう】

ネマトーダとも。無脊椎動物袋形動物の一綱。寄生性のものと自活性のものとがあり種類も多い。人畜や農作物に有害なものがある。脚,環節をもたず,おおむね糸状,長円柱状。原則的に雌雄異体。人体に寄生するものに,カイチュウギョウチュウジュウニシチョウチュウフィラリア(糸状虫),ベンチュウガッコウチュウなどがある。植物ではおもに根に寄生し,こぶをつくったり,腐らせたり,葉を枯らしたり,茎,球根,種子を冒すものなどがある。これらセンチュウの侵入により起こる植物の病気には,サツマイモ・ダイズ・オオムギ・コムギの根こぶ線虫病,イネのシスト線虫病や心枯線虫病,キクやスミレの葉枯線虫病などがある。
→関連項目寄生虫植物線虫病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センチュウ【センチュウ(線虫) nematode】

ネマトーダともいう。線形動物門Nematodaを構成する無脊椎動物の総称。袋形動物門センチュウ綱Nematodaに分類する学者も多い。イギリスではその細長い形からeelwormという。土壌中では,原生動物を除くと,動物としてはもっとも個体数が多く,また動植物の体内,海洋,河川,湖沼にも分布し,凍土から温泉まで,ほぼ生物が生存できるすべての場所に広く分布している。生活様式も多様で,動植物に寄生する寄生性から,自活性で腐植質やそこに繁殖する微生物を食べる腐生性,他のセンチュウその他の微小生物を食べる捕食性などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

センチュウ(線虫)の関連キーワードジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)ガッコウチュウ(顎口虫)マツクイムシ(松喰虫)キュウチュウ(吸虫)ギョウチュウ(蟯虫)カイチュウ(回虫)ベンチュウ(鞭虫)メマトイ(眼纏)オンコセルカアメリカ鉤虫フィービガーネマトーダアニサキス土壌動物松枯れ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android