コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントオールバンズ Saint Albans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントオールバンズ
Saint Albans

イギリスイングランド南東部,ハーフォードシャー県西部の都市。セントオールバンズ地区を構成する。ロンドンの北西約 32km,テムズ川支流のコーン川とベア川の合流点に位置する。初期の集落は前1世紀ベア川の西岸にベルガエ人によってつくられ,ローマ時代にはここにウェルラミウムの町が建設された。キリスト教に改宗したため 304年頃ベア川東岸の丘で殺されたローマ人が,のち聖オールバンズと呼ばれ,イギリス最初の殉教者となり,市名の起源となった。8世紀にマーシア王国オッファ王が聖オールバンズの遺骨を発見し,殉教の丘に修道院を建築したといわれ,中世に修道院を中心に発展,1213年にはここでマグナ・カルタの最初の草案が読みあげられた。バラ戦争では 1455,1461年の 2度にわたって戦場となり,17世紀半ばの清教徒革命の際にはエセックス伯の率いる議会派軍の本拠地となった。15世紀末イギリス最初の印刷所の一つが設立されて以来,印刷業が重要な産業となっている。ほかに電機,楽器,衣料などの工業があり,周辺では園芸が盛ん。ロンドンの郊外住宅地となっている。地区面積 161km2。地区人口 13万2200(2004推計)。都市人口 8万2429(2001)

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントオールバンズの関連キーワードロジャー[ウェンドーバー]ハドリアヌス4世サマセット(公)ウォトリング街道キューブリックゴドルフィンシャーリーネッカムパリスボール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android