セントジェルジ(英語表記)Albert Szent-Györgyi

デジタル大辞泉「セントジェルジ」の解説

セント‐ジェルジ(Albert Szent-Györgyi)

[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸命名フマル酸細胞呼吸触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮アクチンミオシンATPアデノシン三燐酸(さんりんさん))の相互反応であることを発見。1947年に米国に亡命「分子下生物学入門」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「セントジェルジ」の解説

セント‐ジェルジ

(Albert von Szent-Györgyi アルバート=フォン━) アメリカの生化学者。ハンガリー生まれ。組織呼吸について研究。ビタミンCの分離に成功した。筋肉のアクトミオシンの発見により一九三七年にノーベル生理・医学賞を受賞。(一八九三‐一九八六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android