コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジェルジ Albert Szent-Györgyi

デジタル大辞泉の解説

セント‐ジェルジ(Albert Szent-Györgyi)

[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸と命名。フマル酸が細胞呼吸の触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮アクチンミオシン・ATP(アデノシン三燐酸(さんりんさん))の相互反応であることを発見。1947年に米国に亡命。著「分子下生物学入門」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

セントジェルジ【Albert Szent-Györgyi】

1893~1986) アメリカの生化学者。ハンガリー生まれ。ビタミン C を発見。また、細胞呼吸における TCA 回路の解明に道を開く化学反応経路の提案や、筋収縮の生化学的な機構解明の端緒をなすアクチン・ミオシンの研究で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

セントジェルジの関連キーワードアデノシン三燐酸端緒

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android