セントジェルジ(英語表記)Albert Szent-Györgyi

デジタル大辞泉の解説

セント‐ジェルジ(Albert Szent-Györgyi)

[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸と命名。フマル酸が細胞呼吸の触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮アクチンミオシン・ATP(アデノシン三燐酸(さんりんさん))の相互反応であることを発見。1947年に米国に亡命。著「分子下生物学入門」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

セントジェルジ【Albert Szent-Györgyi】

1893~1986) アメリカの生化学者。ハンガリー生まれ。ビタミン C を発見。また、細胞呼吸における TCA 回路の解明に道を開く化学反応経路の提案や、筋収縮の生化学的な機構解明の端緒をなすアクチン・ミオシンの研究で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android