コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロ川 ソロがわBengawan Solo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロ川
ソロがわ
Bengawan Solo

サラ Sala川ともいう。インドネシア,ジャワ島東部を流れる同島最長の川。全長 350km。ジャワトゥンガ州南東部,ラウ山に源を発し,スラカルタを経て最大の支流マディウン川と合流し,石灰岩地帯を横切って平野に出る。蛇行しながら東流して,ジャワティムール州ウジュンパンカでジャワ海に注ぐ。肥沃な河谷平野,下流平野一帯に灌漑水を供給して穀倉地帯を形成し,デルタには養魚池も多い。乾季にはしばしば干上がるが,11月~4月の雨季には最高毎秒 2800m3の流水があり,毎年のように洪水を起すため,上流のウォノギリに多目的ダムが建設された。流域でジャワ原人やソロ人の化石が発見されている。民謡『ブンガワン・ソロ』で有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソロ川
そろがわ
Solo Sungei

インドネシア、ジャワ島中東部を流れる川。全長550キロメートル。ジャワ島最大の川である。別称ブンガワン・ソロBengawan Solo。ジャワ中部のキドゥール山脈西部に源を発し、北流してスラカルタ北方で北東に転じ、グレシック北方でジャワ海に注ぐ。流域一帯はジャワ島最大の平野が展開し、米、トウモロコシなどを産出する穀倉地帯である。流域でジャワ原人ピテカントロプス・エレクトゥス)が発掘されたことで世界的に有名となり、トリニールなどの遺跡が多く分布している。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソロ川の関連キーワードデュボア(Marie Eugène François Thomas Dubois)ホモ・ソロエンシスサンギラン遺跡メガントロプスE. デュボアブランタス川ガンドン遺跡ボジョネゴロラウー[山]スラバヤデュボア

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android