コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ諸語 タイしょご Tai languages

3件 の用語解説(タイ諸語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイ諸語
タイしょご
Tai languages

タイ,ラオスマレー半島,中国南部,ベトナム北部の高地,インドアッサム州ミャンマーシャン地方などに広く分布している同系の諸言語。合せて 6400万人以上の話し手をもつ。地理的に大きく4つの方言群に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タイ諸語【タイしょご】

インドシナ半島,中国南西部,アッサムに分布する言語群で,タイ(タイ語),黒タイ,白タイ,シャン(シャン語),アホム,カムティー,ラオ(ラオ語),ルー,チワン(チワン語),プイ,ディオイ,ヌン,シャーの各語を含む。
→関連項目タイ[人]チベット・ビルマ語派ベトナム語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タイしょご【タイ諸語 Tai】

東南アジア大陸部に主として分布するタイ系諸言語をさす。総使用人口は3000万を下らない。地理的に,(1)南群(タイ語,北タイ語,ラオ語など),(2)西群(ミャンマー北東部のシャン語クーン語,中国雲南省西部のルー語,インド・アッサムのカムティー語,死語となったアホム語など),(3)東群(ベトナム北部の黒タイ語,白タイ語,中越国境のトー語,ヌン語など),(4)北群(中国広西チワン族自治区チワン語,貴州省のプイ語,海南島のリー語など)に分ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタイ諸語の言及

【タイ族】より

…ひとつの民族としてのタイ族というのは,東南アジア大陸部を中心に,北は中国南部,南はマレー半島,東はベトナム,西はインドのアッサム地方にかけて広く分布し,タイ文化を共有する人びとの総称である。伝統的な意味でのタイ族とは,(1)タイ語を話し,(2)仏教を信じ,(3)一般に姓をもたず,(4)低地・渓谷移動の水稲耕作民だとされている。しかし,広義のタイ族を考える場合には,こうした定義だけでは不十分である。タイ系諸族のなかには多数の非仏教徒がおり,タイ国やラオス国に住むタイ族は現在姓を用いているからである。…

※「タイ諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイ諸語の関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構農耕儀礼マレー諸島アジア象南アジアアジア風邪東南アジア学会カタイシア大陸五大州(五大陸)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone