コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ諸語 タイしょごTai languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイ諸語
タイしょご
Tai languages

タイ,ラオスマレー半島,中国南部,ベトナム北部の高地,インドのアッサム州ミャンマーシャン地方などに広く分布している同系の諸言語。合せて 6400万人以上の話し手をもつ。地理的に大きく4つの方言群に分れる。それぞれのおもな言語は,南ではタイ語 (シャム語) ,ラオ語 (ラオス語) ,ユアン語 (北タイ語) ,南タイ語。西ではシャン語,ルー語,クーン語およびアッサム州のカムティー語。東 (トンキン地方) では黒タイ語,白タイ語,トー語,ヌン語。北 (中国) ではチワン (僮) 語 (壮語) ,プーイ語 (仲語) ,それに海南島のリー (黎) 語 (ベ語) を含めることもある。いずれも単音節語を中心とし,孤立語的で,声調の数や語彙の相違以外はかなり等質的である。これらは,中国の貴州省を中心とするカム (侗) 語,スイ (水) 語,マク (莫) 語などと近い関係にあるが,チベット語ビルマ語中国語などとの同系関係は未確立である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タイ諸語【タイしょご】

インドシナ半島,中国南西部,アッサムに分布する言語群で,タイ(タイ語),黒タイ,白タイ,シャン(シャン語),アホム,カムティー,ラオ(ラオ語),ルー,チワン(チワン語),プイ,ディオイ,ヌン,シャーの各語を含む。
→関連項目タイ[人]チベット・ビルマ語派ベトナム語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイしょご【タイ諸語 Tai】

東南アジア大陸部に主として分布するタイ系諸言語をさす。総使用人口は3000万を下らない。地理的に,(1)南群(タイ語,北タイ語,ラオ語など),(2)西群(ミャンマー北東部のシャン語,クーン語,中国雲南省西部のルー語,インド・アッサムのカムティー語,死語となったアホム語など),(3)東群(ベトナム北部の黒タイ語,白タイ語,中越国境のトー語,ヌン語など),(4)北群(中国広西チワン族自治区のチワン語,貴州省のプイ語,海南島のリー語など)に分ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタイ諸語の言及

【タイ族】より

…ひとつの民族としてのタイ族というのは,東南アジア大陸部を中心に,北は中国南部,南はマレー半島,東はベトナム,西はインドのアッサム地方にかけて広く分布し,タイ文化を共有する人びとの総称である。伝統的な意味でのタイ族とは,(1)タイ語を話し,(2)仏教を信じ,(3)一般に姓をもたず,(4)低地・渓谷移動の水稲耕作民だとされている。しかし,広義のタイ族を考える場合には,こうした定義だけでは不十分である。タイ系諸族のなかには多数の非仏教徒がおり,タイ国やラオス国に住むタイ族は現在姓を用いているからである。…

※「タイ諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイ諸語の関連キーワードウラル・アルタイ語族ウラル・アルタイ語族シナ・チベット系諸族アウストロアジア語族シナ・チベット語族ウラルアルタイ語族アルタイ語系諸族ユーグ(裕固)族支那チベット諸語プイ族(布依族)チワン(壮)語トン族(侗族)スイ族(水族)シナ=タイ語族ツングース語旧アジア諸語ラムステッドチュルク語モンゴル語タイ[人]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android