コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカナ(高菜) タカナBrassica juncea var. integrifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカナ(高菜)
タカナ
Brassica juncea var. integrifolia

アブラナ科の二年草。特に西日本で広く栽培される菜の一種で分類学上はカラシナの変種とされる。オオガラシ,ハガラシともいい,母種のカラシナに比べて大型で高さ 1.2m内外であるが,暖地で特に大きく育ったものは 2mにも及ぶ。その枯れた茎を垣根に用いたこともあった。葉柄と葉はやや紫色を帯びて大きく,葉菜として煮物や漬物用とし,カラシナほどの辛みはない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タカナ(高菜)【タカナ】

アブラナ科の二年生の野菜。カラシナの一型で中国で発達した。暖地を好み,関西以西で多く栽培される。葉は幅広くてあまり切れ込まず,漬物,煮物,いため物などに使うほか種子をカラシナ同様からし粉の原料とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タカナ【タカナ(高菜) Brassica juncea (L.) Czern.et Coss.var.integlifolia (Stokes) Sinsk.】

アブラナ科の一年草。西アジア原産の種子からマスタードをつくるカラシナは,中国で葉菜として多くの品種が育成されたが,タカナはその一つである。野菜としてのカラシナ類の栽培は古く,日本へは奈良時代~平安時代初期のころ中国から渡来したものらしい。葉は一般に切れ込まず大型で幅が広い。中肋は細いものや広いものがあり,断面は半月形をしている。葉色は緑色または紫色を帯びるものがある。また葉面がちりめん状になるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタカナ(高菜)の言及

【カラシナ(芥子菜∥芥菜)】より

…また春先にとう立ちした花茎も柔らかく利用することができる。カラシナは東アジアで多くの品種が分化しており,ネカラシナ,キガラシ,セリフォン,銀糸芥(ぎんしかい),アザミナ,タカナ,多肉性タカナ,大心菜(だいしんさい)(ザーサイ)などが含まれる。芥子【平岡 達也】【新田 あや】 カラシナの野生種はセイヨウカラシナで,関東以西の都市近郊の河川敷や堤防を中心に帰化している。…

※「タカナ(高菜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android