タスマン(英語表記)Tasman, Abel Janszoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タスマン
Tasman, Abel Janszoon

[生]1603頃
[没]1659.10.22以前./1661.2.5以前.ジャカルタ
オランダの航海家,探検家。オランダ東インド会社に勤務して,17世紀の前半にインド洋と南太平洋の諸地域を航海し,タスマニア島 (1642) ,ニュージーランド (42) ,トンガ諸島 (43) ,フィジー諸島 (43) その他南太平洋上の多くの島に到達した。オーストラリア大陸南極大陸陸続きではないことを確認した (43) 。しかし貿易利潤を主として追求した東インド会社は彼の業績をあまり評価せず,不遇のまま死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タスマン

オランダの航海家。オランダ東インド会社に入って太平洋諸海域を探検。1642年―1643年の大探検航海では現在のタスマニア島,ニュージーランド,トンガ諸島,フィジー諸島などに到達,帰途ニューギニア沿岸を調査。
→関連項目タスマニア[島]タスマン海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タスマン【Abel Janszoon Tasman】

1603‐59
オランダの航海者。17世紀最大の探検航海者と評される。東インド会社に入って1633年にバタビア(現,ジャカルタ)に赴いてから,太平洋の航海を数回実施した。そのうちでも名高いのは,42年から43年にかけてヘームスケルク号とゼーハーン号を率いての航海である。東インド総督ファン・ディーメンに新交易地開拓と南アメリカへの安全迅速な航路発見を命じられたタスマンは,1642年にバタビアを出帆,オーストラリア南岸を東航してタスマニア島を〈発見〉し,ファン・ディーメンス・ラントと命名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タスマン【Abel Janszoon Tasman】

1603~1659) オランダの航海者。東インド会社から派遣され、インド洋・太平洋南部を探査。タスマニア・ニュージーランドなどの島々を発見した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスマン
たすまん
Abel Janszoon Tasman
(1603―1659)

オランダの航海者、探検家。オランダ東インド会社の船長として勤務し、1642~43年探検のためバタビア(ジャカルタ)を出発し、オーストラリア南東方で現タスマニア島を「発見」し、当時の東インド総督の名にちなんでファン・ディーメンスラントと命名。そののち東航してニュージーランドの西部に達し、この地をスターテンラントと命名、さらに北上してトンガ、フィジー、ビスマーク諸島などを発見し、ニューギニア北岸を通過してバタビアへ帰還した。44年、前回探検した地域を調査するため再度探検を行った。48年、フィリピン、タイへの航海後、船員たちの不満を買い、会社を解雇されたのち、裕福な商人としてバタビアで生活し、同地で没した。[栗原福也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタスマンの言及

【ニュージーランド】より

…南島南西部およびスチュアート島の変成岩は先カンブリア層である。サザン・アルプス中央部にはこの国の最高峰クック山(3764m)をはじめ高山が連なり,タスマン氷河などの氷河や,多数の氷河湖,氷河地形が発達している。東岸中部には洪積世の氷期の堆積物によって形成されたこの国最大のカンタベリー平野がある。…

※「タスマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android