タフトハートレー法(読み)タフトハートレーホウ

デジタル大辞泉「タフトハートレー法」の解説

タフトハートレー‐ほう〔‐ハフ〕【タフトハートレー法】

1947年6月に制定された米国労使関係法通称。提案者タフトと下院労働委員長ハートレー(F.Hartley)の名に由来クローズドショップ制の禁止ストライキの禁止などを内容とし、1935年のワグナー法で認めた労働者の諸権利を大幅に修正した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「タフトハートレー法」の解説

タフト‐ハートレー‐ほう ‥ハフ【タフトハートレー法】

(タフト‐ハートレーはTaft-Hartley) 一九四七年制定のアメリカの労働立法。正しくは労使関係法。ストライキの制限、労働問題に対する政府干渉権の強化など、一九三五年のワーグナー法で得た労働者の権利を制限。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android