コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフトハートレー法(読み)タフトハートレーホウ

デジタル大辞泉の解説

タフトハートレー‐ほう〔‐ハフ〕【タフトハートレー法】

1947年6月に制定された米国の労使関係法通称。提案者タフトと下院労働委員長ハートレー(F.Hartley)の名に由来。クローズドショップ制の禁止、ストライキの禁止などを内容とし、1935年のワグナー法で認めた労働者の諸権利を大幅に修正した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

タフトハートレーほう【タフトハートレー法】

アメリカで1947年に制定された全国労使関係調整法の通称。上下両院の労働委員会委員長の名にちなむ。ワグナー法で認められたストライキなどに関する労働者の諸権利を大幅に制限した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる