タミル(英語表記)Tamil

翻訳|Tamil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タミル
Tamil

インド南部,カウベリ川下流のタンジョール地方を中心に,北はペンネル川から南は最南端までの地域。すでにアショーカ碑文にチョーラ人などの名がみえるが,1~3世紀にチョーラ,パーンディヤ,チェーラのタミル3王国が成立。この期間にタミル文学が栄えた。4~9世紀に北東のパッラバ朝の圧迫を受けたが,9~12世紀にチョーラ朝がこの地方全域からデカン地方をも支配してタミル国家の全盛期をつくり,14世紀以後ビジャヤナガル王国の支配に入った。この間5~6世紀と9~12世紀にタミル文学の第2,第3の隆盛期を迎えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タミル

ドラビダ語族に属しタミル語を話す人びと。インド南部に約5000万人,スリランカ北部を中心に約370万人(1981)が居住。スリランカでは,古くからランカー島にすむセイロン・タミルと,19世紀にインド南部から移住したインド・タミルに分けられる。宗教は主としてヒンドゥー教。→タミル問題
→関連項目キャンディ王国ジャフナスリランカタミル語ドラビダバイラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タミル【Tamil】

インド南東部やスリランカ北東部などに住むドラビダ系民族。宗教はヒンズー教でカースト制度をもつ。タミール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タミル
たみる
Tamil

ドラビタ系言語に属するタミル語を母語とする民族。タミル・ナド州を中心とする南インドとスリランカに居住する。その他、シンガポール、モーリシャス、南アフリカ、近年ではヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリアなどにも移住している。世界での人口は推定8000万人に近く、とくに世界に広がったタミル移民は印僑(いんきょう)ともよばれる。宗教はヒンドゥー教が中心だが、キリスト教や仏教も一部では盛んであり、その他多くの宗教との混交も認められる。古来、インドのタミルは、芸術、音楽、文学、仏教建築などで独自の様式をつくりあげ、南アジア全体の文化や社会に多くの影響を与えてきた。近代になってもたびたび、南インドや移民先でもタミル文化復興運動を起こしている。海洋技術にもすぐれ、貿易や漁業も活発に行ってきた。
 タミル社会は宗教や習慣、カーストなどで緊密に結びつき、移民先ではタミル・コミュニティをつくる傾向が強い。タミルの独自の民族意識は、インドにおいてはインド北部と南部の緊張関係にも影響を与え、また、スリランカにおいては多数派のシンハラとの民族紛争の一因にもなった。しかしタミル内にも地域やカーストなどで多様な差異があり、均質的な政治運動等の展開をむずかしくしている。映画やポップ・ミュージックなど、現代のグローバル文化のなかでのタミルの活躍も目覚ましい。[足羽與志子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タミルの関連情報