コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイグロシア

2件 の用語解説(ダイグロシアの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダイグロシア

社会言語学において,一つの社会で用いられている二つの言語,あるいは一つの言語のバリアント(異形)が,機能的・社会的にランクづけされ使い分けられている状態をさす用語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイグロシア
だいぐろしあ
diglossia

社会言語学の用語。アメリカファーガソンC. A. Fergusonが最初に提唱した概念。多言語社会においては二言語、単一言語社会においては二言語変種(共通語と地方方言、改まった文体とくだけた文体など)を社会的な場面の性質に応じて使い分け、その使い分け方が社会的に定まっている現象をいう。言語・言語変種の切り替えは「コード切り替え」code-switchingとよばれる。[国広哲弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイグロシアの関連キーワード照会言語官話言語学言語社会学原始社会通時言語学方言社会言語学社会通念縦社会

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone