コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオ尿素 チオにょうそthiourea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオ尿素
チオにょうそ
thiourea

チオカルバミド,チオウレアともいう。化学式 (H2N)2CS 。チオ尿素樹脂や有機合成原料として用いられる。針状晶,融点 180℃。石灰窒素泥中で,硫化水素を付加させて工業的に生産される。ホルムアルデヒドとの縮合により尿素樹脂を製造するほか,分析試薬としてビスマスタリウムなどの定性定量に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チオ尿素【チオにょうそ】

化学式は(NH22CS。無色の結晶。融点180℃。減圧下,160〜170℃で昇華。水,エチルアルコール可溶。染料,医薬,合成樹脂などの原料。石灰窒素と水と硫化水素の反応などによりつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チオにょうそ【チオ尿素 thiourea】

尿素の酸素原子を硫黄原子で置換した構造の化合物。チオカルバミドthiocarbamideともいう。ウェーラーF.Wöhlerの尿素合成と同じように,チオシアン酸アンモニウムの転位反応を利用して1869年に合成された。 NH4SCN⇄H2NCSNH2しかし,この反応は可逆反応で,チオ尿素の平衡組成が低いため合成の目的には向かない。アンモニアの存在でシアナミドに硫化水素を作用させることにより効率よく合成できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チオ尿素
ちおにょうそ
thiourea

チオ炭酸のジアミド、あるいは尿素の酸素を硫黄(いおう)で置換した(チオは硫黄を示す接頭語で、チオ尿素の名はこのことに由来する)とみなすことができる化合物。チオカルバミドともいう。シアナミドH2NCNと硫化水素H2Sを反応させるか、あるいはチオシアン酸アンモニウムNH4SCNを170~180℃に加熱して異性化させて合成される。無色の結晶。水、エタノール(エチルアルコール)にはよく溶けるが、エーテルにはほとんど溶けない。水溶液は中性である。金属塩と錯体をつくる。酸またはアルカリで加水分解すると、アンモニア、硫化水素および二酸化炭素に分解する。ホルムアルデヒドと縮合してチオ尿素樹脂(ユリア樹脂)をつくる。染料や医薬の原料として用いられるほか、分析化学では金属の比色定量および沈殿分離用の試薬として利用される。強誘電体である。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チオ尿素の関連キーワードチオ尿素(データノート)チオシアン酸アンモニウムチオペンタールナトリウムチオシアン酸カリウムローゼンムント還元ハイドロハイターエチレンジアミンチオカルバミド硝化抑制剤構造異性脱毛剤硫化鉛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android