チューリンゲン(ドイツの地名)(読み)ちゅーりんげん(英語表記)Thüringen

  • ドイツの地名

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中部ドイツの地方名。旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)南西部の、エルフルト、ズール、ゲーラ3県に相当した。1946~52年は同国の一州であった。チューリンゲンの森とその北に広がるチューリンゲン盆地からなり、ゲーラ川、ザーレ川、ウェラ川が貫流している。面積1万5209平方キロメートル、人口253万1400(1983)。農業地帯で、エルフルト県の花卉(かき)園芸、野菜園芸、採種業は世界的に有名。中央を東西に貫く鉄道幹線に沿って、西からアイゼナハ、ゴータ、エルフルト、ワイマールと都市が連なり、そこに電気機器、機械、車両工業が発達した。ほかにズール県のカリ鉱業、ゲーラ県イエナ市にある光学機械製造会社ツァイスの双眼鏡、顕微鏡、天体望遠鏡などが有名である。

[瀬原義生]

歴史

この地にチューリンゲン人(地方名はこの民族名に由来する)が定着したのは、民族移動期にあたる5世紀初めのことである。チューリンゲン王国は531年フランク人によって征服されたが、その後事実上の独立を回復し、8世紀初めフランクの宮宰カール・マルテルはふたたびチューリンゲンを征服しなければならなかった。8世紀初めには聖ボニファティウスによるキリスト教化も進み、エルフルトに司教座が置かれた(のち、マインツ大司教により吸収される)。カール大帝はザーレ川をスラブ人に対する防衛線と定め、チューリンゲンを辺境伯領としたが、その後のドイツ人の東方進出により、この地は完全な内陸地と化し、とくに10世紀にここを領有するに至ったザクセン公(リウドルフィング家)が神聖ローマ皇帝となると、皇帝領の中核となった。

 11世紀になると、新しい権力者が出現する。フランケン地方出身のルドウィング家が進出し、ルートウィヒ髯(ひげ)侯は結婚と買収によってこの地の大部分を得た。同家は1130年皇帝ロタール2世によりチューリンゲン方伯に叙せられている。12世紀後半に入ると、同家は皇帝家であるシュタウフェン朝と姻戚(いんせき)関係に入り、皇帝のために働いている。たとえば1172年方伯となったルートウィヒ3世(敬虔(けいけん)侯)は、皇帝フリードリヒ1世(赤髯(あかひげ)王)に随行してイタリア遠征に参加し、皇帝とザクセン公ハインリヒ(獅子(しし)公)の関係が決裂するや、皇帝の前衛として活躍し、また第3回十字軍に参加して1190年キプロスで死んだ。その後を継いだヘルマン1世は文芸愛好の君主として知られ、ドイツ中世吟遊詩人の最高峰ワルター・フォン・デァ・フォーゲルワイデらが彼の宮廷ワルトブルク城(アイゼナハ近傍)を訪れ、13世紀なかばにはこの史実に題材を得て、長編叙情詩『ワルトブルクの歌合戦』が編まれている。13世紀初頭の方伯聖ルートウィヒは、ハンガリー王の娘、聖エリザベートと結婚したが、皇帝フリードリヒ2世に随行、第5回十字軍に参加してオトラントで死去し、のち聖者と仰がれた。ルドウィング家の家系は、彼ののち2代を経て、1247年に絶える。

 その後は、マイセン方伯(ウェッティング家)がチューリンゲンを領有し、さらに1440年にはその領有権はザクセン選帝侯家(エルネスティン家系)に移り、1815年プロイセン王国に併合された。

 1525年トマス・ミュンツァーによって組織されたチューリンゲン農民戦争、18世紀後半ワイマールの宮廷を舞台として、ゲーテ、シラーによって展開されたドイツ古典文化の全盛、1919年制定されたワイマール憲法などは、いずれもチューリンゲン地方に培われた自由の伝統を物語るものであろう。

[瀬原義生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android