コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョントー(承徳)特別市 チョントーChengde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョントー(承徳)〔特別市〕
チョントー
Chengde

中国華北地方,ホーペイ(河北)省北東部の市。市区と同名の県からなる。イエンシャン(燕山)山脈北麓のチョントー盆地にあり,ロワン(灤)河の支流ウーリエ(武烈)河(熱河)に臨む。ペキン(北京)直轄市の北東にある交通の要地として,の歴代王朝に重視された。では康煕42(1703)年康煕帝が広壮な承徳避暑山荘を造営し,夏季の政務場所とした。また中国各少数民族の建築様式を取り入れた外八廟と呼ばれる寺院群も造営。雍正1(1723)年熱河直隷庁が置かれた。中華民国では 1928年熱河省が成立すると省都となった。チンチョン(京承)鉄道とチンチョン(錦承)鉄道の接続点で,道路も四通しており,穀類,毛皮,漢方薬材などの集散が盛ん。鉄鉱山があり,機械,製鉄など近代的な工場も建設されている。農村部ではアワ,トウモロコシコムギダイズなどが栽培される。人口 32万9970(2002推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報