チロリアンハット

大辞林 第三版の解説

チロリアンハット【Tyrolean hat】

チロル地方で用いられるフェルト製の帽子。つばが狭く飾り紐ひもがついている。登山帽として広く愛用される。チロル帽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チロリアンハット
ちろりあんはっと
Tyrolean hat

オーストリア西部とイタリア北部の間にあるアルプスの山間チロール地方でかぶられている帽子が、一般に広まったもの。素材はフェルトやツイードで、ブリムが比較的狭く、前は下ろし、後ろは折り返してかぶる。クラウンの立ち際に紐(ひも)飾りを巻き、横には羽をつけることも多い。登山帽としてかぶるほか、一般的にスポーティーな場にあう帽子である。婦人用には服装にあわせて用いられる。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

チロリアン‐ハット

〘名〙 (Tirolean hat) つばが狭く、山の部分とつばの境に紐を巻き、羽根飾りのついたフェルト帽。アルプス山脈チロル地方に始まり、登山家が好んで用いる。チロル帽。
※降ってきたドン・キホーテ〈檀一雄〉(1953)「このチロリアン・ハットはいかがでしょう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android