コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロリアンハット チロリアンハット Tirolean hat

4件 の用語解説(チロリアンハットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チロリアン‐ハット(Tirolean hat)

チロル地方で男女ともに用いるフェルト製の帽子。つばが狭く、後ろが折れ上がった形で、飾りひもと羽根飾りをつける。チロル帽

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チロリアンハット【Tyrolean hat】

チロル地方で用いられるフェルト製の帽子。つばが狭く飾り紐ひもがついている。登山帽として広く愛用される。チロル帽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロリアンハット
チロリアンハット

チロリアン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チロリアンハット
ちろりあんはっと
Tyrolean hat

オーストリア西部とイタリア北部の間にあるアルプスの山間チロール地方でかぶられている帽子が、一般に広まったもの。素材はフェルトやツイードで、ブリムが比較的狭く、前は下ろし、後ろは折り返してかぶる。クラウンの立ち際に紐(ひも)飾りを巻き、横には羽をつけることも多い。登山帽としてかぶるほか、一般的にスポーティーな場にあう帽子である。婦人用には服装にあわせて用いられる。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チロリアンハットの関連キーワードチロルティロル南チロルチロリアンテープチロル帽ウエーブチロルうたしないチロルの湯チロルチョコチロルの森チロル伯

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チロリアンハットの関連情報