コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチガエル Rana rugosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチガエル
Rana rugosa

カエル目アカガエル科。体長 5cm内外。背面は暗青褐色地に淡黒色の丸い斑点があり,短い隆条や粒状突起がある。そのため,俗にいぼガエルともいわれる。腹面は灰色で,黒色の点状斑紋がある。後肢には蹼 (みずかき) がある。声嚢はない。産卵期は5~6月頃で,3層の寒天状膜に包まれた塊状,淡黄色の卵を産む。本州,四国,九州,対馬,朝鮮などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツチガエル

両生類アカガエル科。俗にイボガエルとも。体長は雄3.5〜4.5cm,雌6cmほど,体は土色で,不規則の暗色斑紋が散在。皮膚には多数のいぼ状隆起がある。本州,四国,九州,朝鮮に分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチガエル
つちがえる / 土蛙
[学]Rana rugosa

両生綱無尾目アカガエル科のカエル。本州、四国、九州のほか、朝鮮半島、沿海州、中国の東北地区および揚子江(ようすこう)河口周辺に分布する。体長約5センチメートル。背面は土色で小暗色斑(はん)があり、黄色の背中線をもつ個体もいる。背面と四肢の外面には多数の縦隆起といぼ状隆起があり、イボガエルとも俗称される。腹面は灰黄色で、小暗色斑が散在する。ヌマガエルと混同しやすいが、ヌマガエルの腹面は白色で平滑である。生体ではヌマガエルの体表がぬるぬるして滑りやすいのに対し、ツチガエルではざらざらしている。また、ツチガエルの皮膚には独特のにおいがある。平地、山間部に生息し、5~6月に水田周辺の溝や池で産卵する。鳴嚢(めいのう)がないため雄の鳴き声は小さく、低いうなり声のように聞こえる。卵は小さく、径1.5ミリメートル。卵数は1000個以上であるが、これを50個前後の卵を含む小卵塊として、水草に付着させる。オタマジャクシは水底で越冬し、翌年の夏までに変態する。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツチガエルの関連キーワードヌマガエル倉本糞蛙疣蛙

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツチガエルの関連情報