コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチガエル ツチガエル Rana rugosa

3件 の用語解説(ツチガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチガエル
ツチガエル
Rana rugosa

カエル目アカガエル科。体長 5cm内外。背面は暗青褐色地に淡黒色の丸い斑点があり,短い隆条や粒状突起がある。そのため,俗にいぼガエルともいわれる。腹面は灰色で,黒色の点状斑紋がある。後肢には蹼 (みずかき) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツチガエル

両生類アカガエル科。俗にイボガエルとも。体長は雄3.5〜4.5cm,雌6cmほど,体は土色で,不規則の暗色斑紋が散在。皮膚には多数のいぼ状隆起がある。本州,四国,九州,朝鮮に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチガエル
つちがえる / 土蛙
[学]Rana rugosa

両生綱無尾目アカガエル科のカエル。本州、四国、九州のほか、朝鮮半島沿海州、中国の東北地区および揚子江(ようすこう)河口周辺に分布する。体長約5センチメートル。背面は土色で小暗色斑(はん)があり、黄色の背中線をもつ個体もいる。背面と四肢の外面には多数の縦隆起といぼ状隆起があり、イボガエルとも俗称される。腹面は灰黄色で、小暗色斑が散在する。ヌマガエルと混同しやすいが、ヌマガエルの腹面は白色で平滑である。生体ではヌマガエルの体表がぬるぬるして滑りやすいのに対し、ツチガエルではざらざらしている。また、ツチガエルの皮膚には独特のにおいがある。平地、山間部に生息し、5~6月に水田周辺の溝や池で産卵する。鳴嚢(めいのう)がないため雄の鳴き声は小さく、低いうなり声のように聞こえる。卵は小さく、径1.5ミリメートル。卵数は1000個以上であるが、これを50個前後の卵を含む小卵塊として、水草に付着させる。オタマジャクシは水底で越冬し、翌年の夏までに変態する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツチガエルの関連キーワード青蛙赤蛙土蛙殿様蛙沼蛙おっとん蛙達磨蛙山赤蛙アカガエル(赤蛙)アカガエル科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツチガエルの関連情報