ツミ(英語表記)Accipiter gularis; Japanese sparrowhawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ツミ」の解説

ツミ
Accipiter gularis; Japanese sparrowhawk

タカ目タカ科。全長は雄 26cm, 30cm。日本に生息するタカでは最も小さい。背面は青黒色または黒褐色で,腹面は白地に胸には縦,腹には横の褐色の縞がある。シベリア南部から南はモンゴル,東は中国東部,サハリン島,日本にかけて繁殖分布する。繁殖を終えると留鳥として残る鳥も,中国南部から東南アジアに渡って越冬する鳥もいる。日本でも留鳥が全国各地に生息し,平地から山地の森林で繁殖している。都市部の緑地などでも繁殖するところがある。木の上に枯れ枝で巣をつくり,2~5個の卵を産む。おもに小鳥を捕食するが,爬虫類やネズミ,昆虫も食べる。(→猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ツミ」の解説

ツミ
つみ / 雀鷹
Japanese lesser sparrow hawk
[学] Accipiter gularis

鳥綱タカ目タカ科の鳥。南シベリア、中国東北地区、日本列島で繁殖し、高緯度地方で繁殖するものは、冬になると南へ渡る。日本では留鳥または漂鳥である。全長27~30センチメートル、雄は雌より小さく色彩も違うため、エッサイという別の呼称がある。雄の上面は青灰褐色、下面は白くて胸側からわきは橙褐色(とうかっしょく)、雌は上面が灰黒褐色、下面は白く横斑(おうはん)がある。日本全国の低地から低山の林で繁殖し、マツなどの高木の上部に営巣する。速い羽ばたきと短い滑翔(かっしょう)を交互にして、飛び方は速く、おもに小鳥を捕食する。

高野伸二

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ツミ」の解説

ツミ

タカ科の鳥。翼長は18cm。雄は上面が暗青灰色で下面が白,胸は薄い赤褐色。雌は上面が褐色で下面には横斑がある。雌のほうが大きい。オオタカハイタカなどを含むハイタカ類の一種で,アジア東部で繁殖,日本では全国の平地から亜高山の森林で繁殖する。近年,市街地,農耕地での繁殖が増えつつある。小鳥,コウモリ,ネズミなどを食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android