(読み)ラ

デジタル大辞泉「螺」の解説

ら【螺】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ラ(呉)(漢) [訓]つぶ にし
ツブ・ニシ・サザエなど。「螺鈿らでん法螺ほら
渦巻き形。「螺旋螺髪らほつ
[難読]栄螺さざえ拳螺さざえ田螺たにし螺子ねじ

つぶ【×螺/海螺】

食用巻き貝ニシ類、東北地方以北でとれるヒメエゾボラや、バイ俗称。ツブ貝。

にし【×螺/辛螺】

巻き貝の一群アカニシナガニシタニシなど。

ら【×螺】

貝殻が渦巻き状をしている貝類。巻き貝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「螺」の解説

つび【螺】

〘名〙
① 巻き貝の古名。つぶ。〔本草和名(918頃)〕
② 貝「はまぐり(蛤)」の古名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

つぶ【螺】

〘名〙 アカニシ、タニシなどの巻き貝類の俗称。つび。つみ。粒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「螺」の解説

螺 (ニシ)

動物。巻き貝で主としてアクキガイ科につけられた俗称

螺 (ツブ)

動物。ヒメエゾボラ,マルエゾボラの俗称

螺 (ニナ)

動物。比較的細長い貝に対する語

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android