コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螺/海螺 ツブ

8件 の用語解説(螺/海螺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぶ【×螺/海螺】

食用の巻き貝ニシ類、東北地方以北でとれるヒメエゾボラや、バイの俗称。ツブ貝。

にし【×螺/辛螺】

巻き貝の一群。アカニシ・ナガニシ・タニシなど。

ら【×螺】

貝殻が渦巻き状をしている貝類。巻き貝。

ら【螺】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ラ(呉)(漢) [訓]つぶ にし
ツブ・ニシ・サザエなど。「螺鈿(らでん)法螺(ほら)
渦巻き形。「螺旋螺髪(らほつ)
[難読]栄螺(さざえ)拳螺(さざえ)田螺(たにし)螺子(ねじ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つび【螺】

巻貝の古名。つぶ。つみ。 〔和名抄〕

つぶ【螺】

エゾバイ科の海産巻貝のうちの一群の称。食用。つぶがい。
タニシの異名。

にし【螺】

ある一群の巻貝の総称。アカニシなど。

ら【螺】

渦巻状の貝殻をもつ貝類の総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone