コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螺/海螺 ツブ

デジタル大辞泉の解説

つぶ【×螺/海螺】

食用の巻き貝ニシ類、東北地方以北でとれるヒメエゾボラや、バイ俗称。ツブ貝。

にし【×螺/辛螺】

巻き貝の一群アカニシナガニシタニシなど。

ら【×螺】

貝殻が渦巻き状をしている貝類。巻き貝。

ら【螺】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ラ(呉)(漢) [訓]つぶ にし
ツブ・ニシ・サザエなど。「螺鈿(らでん)法螺(ほら)
渦巻き形。「螺旋螺髪(らほつ)
[難読]栄螺(さざえ)拳螺(さざえ)田螺(たにし)螺子(ねじ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つび【螺】

巻貝の古名。つぶ。つみ。 〔和名抄〕

つぶ【螺】

エゾバイ科の海産巻貝のうちの一群の称。食用。つぶがい。
タニシの異名。

にし【螺】

ある一群の巻貝の総称。アカニシなど。

ら【螺】

渦巻状の貝殻をもつ貝類の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

螺 (ツブ)

動物。ヒメエゾボラ,マルエゾボラの俗称

螺 (ニシ)

動物。巻き貝で主としてアクキガイ科につけられた俗称

螺 (ニナ)

動物。比較的細長い貝に対する語

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

螺/海螺の関連キーワードアルキメデスのスパイラルタマキビガイ(玉黍貝)ホラガイ(法螺貝)ハシナガソデガイシロレイシダマシヒメモノアラガイホネガイ(骨貝)ベルヌーイの螺線渦巻き線・渦巻線テンニョノカムリキリガイダマシボウシュウボラ対数スパイラルブランデーガイヤマトカワニナシワホラダマシクダマキガイキヌガサガイギンタカハマキバウミニナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android