コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリフネソウ(釣船草) ツリフネソウ Impatiens textori; touch-me-not

1件 の用語解説(ツリフネソウ(釣船草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリフネソウ(釣船草)
ツリフネソウ
Impatiens textori; touch-me-not

ツリフネソウ科の一年草で,山麓の湿地や谷川のほとりに生える。茎は多汁質で太く,節の部分は紅色を帯びてふくらみ,高さは 50cm内外になる。葉は互生し,長さ5~13cm,幅2~6cmの広披針形で鋸歯があり,その先はとげのようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツリフネソウ(釣船草)の関連キーワードキツリフネインパチエンスアフリカホウセンカ黄釣船九輪草釣船草小米蚊帳吊釣船ツリフネソウ(釣舟草)ツリフネソウ属

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone