コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリフネソウ(釣船草) ツリフネソウImpatiens textori; touch-me-not

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリフネソウ(釣船草)
ツリフネソウ
Impatiens textori; touch-me-not

ツリフネソウ科の一年草で,山麓の湿地や谷川のほとりに生える。茎は多汁質で太く,節の部分は紅色を帯びてふくらみ,高さは 50cm内外になる。葉は互生し,長さ5~13cm,幅2~6cmの広披針形で鋸歯があり,その先はとげのようになる。夏に,上部の葉腋から紅紫色の腺毛のある花柄を伸ばし,紅紫色のホラガイのような感じの美しい左右相称の花を数個吊下げる。3個の萼片中1個は大きくふくれ,先は細くなって筒状のとなり渦巻状に巻く。側面に濃い紅紫色の斑点ができる。 蒴果は細長く,熟するとわずかの刺激で裂開し,そのはじける勢いで種子が飛び散る。近縁の種類には,花が黄色で距が巻かないキツリフネ,観賞用に栽培されるホウセンカ (鳳仙花) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツリフネソウ(釣船草)の関連キーワードツリフネソウ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android