コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルモ(蔓藻) ツルモChorda filum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルモ(蔓藻)
ツルモ
Chorda filum

褐藻類コンブツルモ科の海藻。比較的波の静かな漸深帯の岩石につく。褐色,径2~5mmで,長さ数mに及ぶ紐のような形をしている。中空で中にガスをもつので上部は水面に浮く。九州,本州,北海道および朝鮮半島,中国,北アメリカ西岸,大西洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツルモ【ツルモ(蔓藻) bootlace weed】

紐状,中空,無分枝の褐藻で,波の静かな入江などの低潮線下の小石や貝殻などについて生育する。太さは2~5mmで,長さは数mに及ぶものもある。体の内部にガスを充満するので,海中では直立し,低潮時には体の上部はしばしば水面に浮く。生活史はコンブ型で,体の表面に密に形成される単子囊内につくられる遊走子が,泳ぎ出して基物について発芽すると,顕微鏡的な糸状の配偶体となり,これに形成された精子と卵が受精すると,ふつうに見るツルモの体に発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のツルモ(蔓藻)の言及

【モズク】より

…不規則に密に分枝をもつ柔らかい粘りけの多い糸状の褐藻で,食用となる(イラスト)。体は黄褐色または緑褐色で,低潮線付近の褐藻ツルモホンダワラ類の体上について生育し,長さ30~40cmになる。北海道南西部以南の日本各地沿岸,特に内湾に多く生育し,冬から初夏に繁茂する。…

※「ツルモ(蔓藻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報