コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルモドキ ツルモドキ Aramus guarauna; limpkin

2件 の用語解説(ツルモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルモドキ
ツルモドキ
Aramus guarauna; limpkin

ツル目ツルモドキ科。全長 60cm。1種で1科を構成する。大型のクイナのような格好の鳥で,嘴は長く,少し下に曲り,脚も長い。羽色は暗緑褐色で,頸や背面には白色の小斑が一面にある。沼地にすみ,カタツムリを主食とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルモドキ
つるもどき / 鶴擬
limpkin
[学]Aramus guarauna

鳥綱ツル目ツルモドキ科の鳥。この科はツルモドキ1種だけからなる。一見クイナに似た鳥であるが、足と嘴(くちばし)が細長い。全長約65センチメートル。全身暗オリーブ褐色で、背は光沢があり、頭頸(とうけい)部、胸、肩などに白色の細い斑(はん)がある。アメリカ合衆国南部からアルゼンチン中部まで分布する。よく茂った沼沢地にすみ、とくに森林に囲まれた静かな沼沢を好む。しかし、西インド諸島では乾燥したサバンナにもすんでいる。多くの場合単独か数羽の小群で暮らしていて、夕方や早朝湿地を歩きながら餌(えさ)をあさる。よく泳ぐが、危険が迫った場合を除いて、飛ぶことはほとんどない。夕方や夜間、甲高い三声の嘆くような声で鳴く。食物は主として大形のタニシで、昆虫類や種子もときどき食べる。巣は湿地の草の間や低い低木の上につくり、1腹4~8個の卵を産む。抱卵と雛(ひな)の世話は雌雄でする。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツルモドキの関連キーワードノガンモドキ蔓梅擬蔓藻蔓擬鶴擬藤蔓擬クイナモドキ(秧鶏擬)ツルモドキ(擬鶴)トウツルモドキトウツルモドキ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツルモドキの関連情報