コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティトゥス Titus Flavius Vespasianus

大辞林 第三版の解説

ティトゥス【Titus Flavius Vespasianus】

39~81) 古代ローマ皇帝(在位79~81)。ユダヤの反乱を鎮圧しエルサレムを占領して軍功をあげ即位。治世中にコロセウムを完成させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティトゥス【Titus Flavius Vespasianus】

39‐81
ローマ皇帝。在位79‐81年。ウェスパシアヌス帝の長子,次帝ドミティアヌスの兄にあたる。父のユダヤ遠征に同行中,ネロ死後の後継者争いが起こり,父からユダヤ戦争の全権を託され,70年エルサレムを陥落させた。その戦功はティトゥス凱旋門に記念されている。父帝在位中からその統治を助け,父の死後即位。在位中起きたウェスウィウス(ベスビオ)火山の噴火,ローマの大火,疫病流行に際しては積極的に罹災者の救護,施設の復旧に当たるなど,その寛大で人道的な政策により民衆の人気が高かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティトゥス
てぃとぅす
Titus Flavius Vespasianus
(39―81)

ローマ皇帝(在位79~81)。ウェスパシアヌス帝の長男で、12歳年下の弟にドミティアヌス帝がいる。高級将校としての軍務ののちに、父に同伴してユダヤ戦争に参加した。ネロ帝死後の内乱時に、父を助けて積極的な軍事活動を行った。70年、エルサレムを占拠し、最高司令官として迎えられたのち、父帝の後継者に指名された。親衛隊長官としても父帝の統治を助けたが、反乱鎮圧の無慈悲さや愛人問題のために世評は芳ばしくなかった。しかし、父帝の死後は、民衆に対する寛大なふるまい、またベスビオ火山の噴火、疫病の流行やローマ市大火の際の救済活動への尽力などのために、人々の称賛を浴びて、短い治世にもかかわらず、一世代後には「人類の寵児(ちょうじ)」とたたえられた。彼の治世下ローマのコロセウムが完成した。[本村凌二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のティトゥスの言及

【ウェスパシアヌス】より

…父親は徴税請負人であった。有能な軍人で,67年にネロ帝によりユダヤ反乱鎮定の総司令官に任じられ,その平定半ばでネロが死に,69年後継者争いの中で東方諸軍団は彼を皇帝に推挙,彼はユダヤの鎮圧を長子ティトゥスに託し,一方彼の部下がイタリアで政敵を倒した後,ローマに入り皇帝となる。彼はネロ以後の内乱で破綻にした財政の再建と威信回復に力を尽くし,また辺境の防衛体制強化を図る一方,有能な属州民の元老院議員への登用やローマ,ラテン市民権付与など,属州のローマ化を推進した。…

【フラウィウス朝】より

…ネロ帝の死によるユリウス・クラウディウス朝の断絶に続く内乱を収拾したフラウィウス家のウェスパシアヌス(在位69‐79)は元首に迎えられ,その治世には法制が整えられ,官僚制も進展した。彼の後を継いだ長子ティトゥス(在位79‐81)は善政をしいて〈人類の寵児〉とたたえられたが,次子ドミティアヌス(在位81‐96)は恐怖政治に傾いたので,反感をかい暗殺された。【本村 凌二】。…

※「ティトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティトゥスの関連キーワードプリニウス(Gaius Plinius Secundus)エルサレム(パレスチナ)西・南アジア史(年表)モーツァルト(年譜)ルチェラーイ家の庭園皇帝ティートの慈悲ローマ史(年表)セレウキアペリアフラウィウス朝コンポジット式メタスタージオ凱旋門(建築)12月30日モーツァルトシミオナートイタリア演劇門(出入口)カストラートゴルティンローマ美術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android