コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュジャルダン デュジャルダン Dujardin, Édouard Émile Louis

4件 の用語解説(デュジャルダンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュジャルダン
デュジャルダン
Dujardin, Édouard Émile Louis

[生]1861.11.10. ロアールエシェール,サンジェルベラフォレ
[没]1949.10.31. パリ
フランスの詩人,小説家,批評家。象徴派の詩人としてマラルメに師事する一方,音楽評論にすぐれ,ワーグナーをフランスに紹介。象徴主義の雑誌『ワーグナー評論』 Revue wagnérienne (1885) をはじめ,いくつかの雑誌を創刊し,すぐれた象徴主義理論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デュジャルダン
デュジャルダン
Dujardin, Félix

[生]1801.4.5. ツール
[没]1860.4.8. レンヌ
フランスの生物学者。独学で生物学や地質学を修め,1840年からレンヌ大学の動植物学教授。干し草をつけた水の中にすむ顕微鏡的生物について研究を行い,それらを単細胞動物のなかの1グループとみなすことを提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デュジャルダン
デュジャルダン
Dujardin, Karel

[生]1622. アムステルダム
[没]1678.11.20. ベネチア
オランダの画家,版画家。画家 G.デュジャルダンの子,N.ベルヘムの弟子。 1640~50年イタリア,50~52年フランスに滞在。 52~74年アムステルダムおよびハーグで活動,以後ローマに定住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュジャルダン
でゅじゃるだん
Flix Dujardin
(1801―1860)

フランスの動物学者。機械技師、図書館員、地質学と植物学の教師を経て、1834年ごろより顕微鏡による研究に従事、1840年レンヌ大学動物学教授となる。原生動物節足動物の研究があり、有孔虫が軟体動物ではなく原生動物であることを示した。原生動物の研究から、細胞内生活物質に注目し、細胞において本質的に重要なものはこの物質であるとしてサルコードsarcodeと命名した(1835)。これはのちになって植物細胞の中身に対してつけられたプロトプラスマprotoplasmaと同一のものであることが明らかとなった。したがって彼は、原形質protoplasm(a)の実質的な発見者であるといえる。主著に『植虫類、滴虫類の博物誌』Histoire naturelle des Zoophytes, Infusoires(1841)がある。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュジャルダンの関連キーワードロアール川ロアールRMRアールアールエヌエーアールエッチクーロアールRERFペイドラロアールRS2ロアール館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュジャルダンの関連情報