コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュピュイ デュピュイ Dupuis, Jean

6件 の用語解説(デュピュイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュピュイ
デュピュイ
Dupuis, Jean

[生]1829
[没]1912
フランスの貿易商人,冒険家。 1872年末,ベトナムの阮朝官憲の制止を聞かず,ベトナム北部のソンコイ川 (紅河) 経由で中国の雲南省へ禁制品の武器を輸送した。 73年4月,彼がハノイに戻り,阮朝政府との間に紛争が生じると,コーチシナのフランス総督はただちに介入した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デュピュイ
デュピュイ
Dupuit, Arsène Jule Étienne Juvénal

[生]1804. フォッサノ
[没]1866. パリ
フランスの土木監督官,数学者。主観価値論の先駆者。 1844年発表の論文『公共事業の効用の測定について』 De la mesure de l'utilité des travaux publicsで価格と消費量との関係を連続的な消費 (需要) 曲線として描き,「相対的効用」の語で今日の消費者余剰の貨幣表示を示すなど,限界革命以降体系的に展開された主観価値論の基礎的命題のほとんどを導出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デュピュイ
デュピュイ
Dupuy, Charles-Alexandre

[生]1851.11.5. ルピュイ
[没]1923.7.23. イルシュルテー
フランスの政治家。 1885年オートロアール県選出議員。 92年教育相。 93年4月日和見主義共和派 (オポルテュニスト) の内閣を組織したが 11月辞任。同年 12月5日議会議長となってまもなく,無政府主義者 A.バイアンが彼に投げた爆弾が破裂したとき,冷静に「議事進行」と宣言して信望を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デュピュイ
デュピュイ
Dupuy, Pierre

[生]1582.11.27. アジャン
[没]1651.11.14. パリ
フランスの歴史学者,王立図書館司書。弟のジャック (1586~1656) とともにフランス各地を歴訪して書籍を収集したことで知られる。また,そのサロンは 17世紀前半のパリの知的中心の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デュピュイ【Jean Dupuis】

1829‐1912
フランスの貿易商。フランスの北部ベトナム侵略の原因をつくった。1860年以来,中国の漢口で貿易商を営むが,雲南に起こった回教徒蜂起(回匪の乱)に注目し,ソンコイ川(紅河)ルートを通じて雲南官吏に武器を売却することを計画,72年,ソンコイ川を遡航した。しかし2度目の積荷中に禁制品(米,塩)があったため,ベトナム官吏の制止を受けた。デュピュイはこれに反発して73年11月,M.J.F.ガルニエの援軍とともにソンコイ・デルタ一帯を占拠した。

デュピュイ【Jule Juvénal Dupuit】

1804‐66
フランスの経済学者。限界革命の先駆者の一人。イタリアで生まれたが,のちにフランスに帰り土木学校に学んで土木技師となり,1843年に土木技術に関する功労によりレジヨン・ド・ヌール勲章を受けた。経済学者としては,〈公共土木事業の効用の測定について〉(1844),〈通行税と通行料金〉(1849),〈通行税〉(1852‐53),〈効用とその測定について〉(1853)など,多くの論文を公刊した。デュピュイはすでに1844年の前述の論文において,道路,運河,橋などの公共施設の社会的利益の尺度を論じて,総効用と限界効用の区別を認識していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュピュイの関連キーワードオーストリア学派限界革命ゴッセンセーパシーワルラス高橋幸八郎松川七郎《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュピュイの関連情報