デュマ(英語表記)Dumas, Alexandre (Davy de la Pailleterie); Dumas père

  • 1800―1884
  • 1802〜70
  • 1824〜95
  • Alexandre Dumas
  • Dumas fils
  • Dumas, Alexandre
  • Dumas, Georges
  • Dumas, Jean Baptiste André
  • Dumas, Jean-Baptiste-André
  • Jean Baptiste André Dumas
  • JeanBaptisteAndré Dumas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1802.7.24. ビレール=コットレ
[没]1870.12.5. ディエプ,ピュイ
フランスの小説家,劇作家。デュマ・ペール (父) と呼ばれる。膨大な作品を書いたが,小説よりむしろ戯曲によって,ロマン派を代表する作家となった。小説はほとんどが共作者の助力を得たもので,なかでもオーギュスト・マケの力が大きい。『三銃士』 Les Trois Mousquetaires (1844) ,『モンテ=クリスト伯』 Le Comte de Monte-Christo (44~45) ,『黒いチューリップ』 La Tulipe noire (50) などの歴史小説によって世界中に親しまれている。戯曲では,通俗的ともいえる筋書を,情熱的で動きのある大団円に導く舞台感覚に恵まれている。なかでも『アンリ3世とその宮廷』 Henri III et sa cour (29) は大成功を収めた。ほかに『アントニー』 Antony (31) など。
[生]1824.7.27. パリ
[没]1895.11.27. マルリルロア
フランスの劇作家,小説家。デュマ・フィス (子) と呼ばれる。デュマ・ペールの私生子として生れ,不幸な少年時代を過した。最初の小説『椿姫』 La Dame aux camélias (1848) はのちに劇化 (52) され,19世紀の最も有名な戯曲の一つとなった。作品は彼の経歴を反映して,社会の腐敗は家庭の欠陥に帰因するという考えに基づいており,次第にきびしい道徳観と正義観に貫かれていく。おもな戯曲に『半社交界』 Le Demi-Mondo (55) ,『金銭の問題』 La Question d'argent (57) ,『私生児』 Le Fils naturel (58) ,『女性の友』L'Ami des femmes (64) ,『クロードの妻』 La Femme de Claude (73) など。アカデミー・フランセーズ会員 (75) 。
[生]1866.3.6. ガール,レディニャン
[没]1946.2. ガール,レディニャン
フランスの心理学者,生理学者。パリ大学教授,同心理学研究所所員。 T.A.リボーの門下で,生理学的,病理学的見地からの感情,情緒に関する業績が多い。 P.M.F.ジャネとともに,"Journal de psychologie"を創刊主著微笑情緒表出』 Le Sourire et l'expression des émotions (1906) ,『感情生活』 La Vie affective (48) 。
[生]1800.7.14. アレー
[没]1884.4.10. カンヌ
フランスの化学者。薬局に奉公し,独学で化学,植物学を修めたが,A.フンボルトの目に留り,パリに出て,パリ大学の教授およびコレージュ・ド・フランスの教授となった (1832) 。ヨウ素の薬学的・生理学的研究 (18) ,窒素定量法 (→デュマ法 ) の考案 (30) ,アントラセンの分離 (31) ,ショウノウの構造式の決定 (32) ,鎖式アルコールの研究 (36) など,有機化学の発展に多大の寄与をなした。また気体の密度の測定から,その分子量を求める方法も考案した。 J.リービヒとともに「基」の概念を提唱し,J.ベルセーリウスと論争した。 1849年国民議会議員になり,さらに農商務大臣や文部大臣などを歴任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1802~1870]フランスの小説家・劇作家。波瀾万丈(はらんばんじょう)のストーリー性に富んだ作風で、大衆の人気を博した。小説「三銃士」「モンテクリスト伯」など。大デュマ
[1824~1895]フランスの劇作家・小説家。の子。娼婦の純愛を描いた小説「椿姫」で認められ、その劇化で大成功を収める。以後、社会風俗を扱った戯曲を多く発表。小デュマ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランスの化学者。パリ大学教授。水の組成を精密に測定。蒸気密度測定法,有機化合物の窒素定量法創案。有機化学構造論において基型説を発展させ,ベルセリウスの二元説に対抗。鎖状アルコールの研究から同族列の概念を提出。第二帝政時代には造幣局長等も歴任した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1800‐84
フランスの化学者。中央技術工業学校創立者の一人。アカデミー・デ・シアンス会員。初め薬学を学び,医学・生理学的研究も行った。研究の大部分は1848年ころまでで,以後は政治家としての活動が多くなり,農業大臣,元老院議員,造幣局長も務めた。最初の重要な化学上の貢献は,常温で固体である物質の蒸気密度測定法の改良である。水銀硫黄,リン,ヒ素の蒸気密度を測定し,当時のアボガドロ仮説に基づいて,原子量の正確な決定を試みた(1826,32)が,それぞれ当時認められていた原子量の1/2倍,3倍,2倍,2倍の値を得てしまい,この試みは失敗し,かえって原子論に対して慎重な態度をとらざるをえなくなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの有機化学者。フランス中南部のアレスの書記の子。コレージュで初等教育を受けたのち薬剤師に徒弟入り。その後ジュネーブに移る。そこでの研究が認められ、パリの理工科大学校(エコール・ポリテクニク)の化学復習教師に採用される(1823年。1835年から教授)。ほかにもソルボンヌ大学(パリ大学)(1841)、医科大学(1839)の教授に就任。工業技術学校の設立、『化学・物理学誌』の編集にも参加。また、二月革命ののちには政治にもかかわり、農商務大臣、元老院議員などの要職につく。1868年からは科学アカデミーの終身会長。フランスで初めて実験室教育を行い、多数の弟子を養成した。リービヒと並ぶ19世紀なかばごろの化学界の大立て者。

 ガラスや染料などの化学技術や生理学を含む広範囲の研究を行った。とりわけ、現在も用いられている蒸気密度測定法(1826)と窒素定量分析法の開発や原子量の改定、同族列の概念を含む有機化合物の分類、置換の説(1834)と型の説(1840)の提唱は有機化学の創生に大きな貢献を果たした。当初ベルツェリウスの電気化学的二元論を支持していたデュマは有機化合物は塩基性部分および酸性部分からなると考えたが、化合物中の水素が塩素によって置換され、さらに酢酸の塩素置換物が同様の化学的性質をもつことから化合物の単一構造(型)説を唱えた。この説は弟子のジェラール(ゲルアルト)らによって新型の説に発展し、ついで有機化学構造論の展開をみることになる。

[肱岡義人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1866年3月6日
フランスの心理学者,生理学者
1946年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] (Alexandre Dumas アレクサンドル━) フランスの劇作家、小説家。大デュマ(デュマ=ペール)とも呼ばれる。フランス革命時の将軍を父として生まれ、豊かな想像とストーリー性に富む英雄物語的長編を書き、大衆の人気を博した。代表作として「三銃士」「モンテ・クリスト伯」などがある。(一八〇二‐七〇
[二] (Alexandre Dumas アレクサンドル━) フランスの劇作家、小説家。デュマ=ペールの子。小デュマ(デュマ=フィス)とも呼ばれる。娼婦の純愛を描いた長編「椿姫」でデビューし、社会風俗に根ざした劇作にも活躍。代表作は小説「椿姫」のほか戯曲「金銭の問題」など。(一八二四‐九五
[三] (Jean-Baptiste André Dumas ジャン=バチスト=アンドレ━) フランスの化学者。有機化合物の分子構造の研究、元素の原子量の決定、元素分類法の開拓などを行ない、学界で活躍した。第二帝政期には教育相などを歴任。(一八〇〇‐八四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

フランスの化学者.1816年ジュネーブに行って,自然科学を学んだ.1823年パリに出て,エコール・ポリテクニークで化学の“自習監督”(répétiteur)をする.1832年科学アカデミー会員に選ばれ,1841年からはパリの理学校の正教授となり,同時にエコール・ポリテクニーク,パリ医学校の化学教授も兼任した.1868年には科学アカデミー終身書記長となった.1826年それまでの気体密度測定法を改良し,常温で固体の物質も加熱により蒸気にして測定できるようにした.単体の場合に,アボガドロの法則を適用して原子量を計算しようとしたが,リン,硫黄,ヒ素,水銀に関しては期待した数値と合わず,原子論に対して慎重な態度をとるようになった.しかし,後になって弟子のJ.-S. Stasとともに,炭素原子をはじめいくつもの原子量のより正確な測定を行っている.有機化学においては,エタノールとエチルエーテルの研究から,炭化水素のラジカル(のちの官能基に相当)を考え,メチル基,エチル基に近いものを考えた.さらに,アルコールとハロゲンとの反応から,1834年置換反応の存在を示した.かれは,有機化合物の構造による分類にまでは至らなかったが,一方でW. Prout(プラウト)の仮説(元素の原子量が水素のそれの整数倍になり,水素はほかの元素をつくる始源物質である)にもとづいて,元素を基本原子量の整数倍の値から分類することを試みた.政治にも関心を示し,下院議員に当選した後,1849年農商務大臣を務め,のちに上院議員に任命された.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ともにフランスの小説家・劇作家
【父】大デュマと呼ばれる。ロマン主義的な多くの作品を書いた流行作家。代表作は『三銃士』『モンテ=クリスト伯』。
【子】小デュマと呼ばれる。劇作家として多くの作品を書いたが,近代劇の写実主義の確立者。小説『椿姫』はのちにベルディにより歌劇にも改作され,代表作となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のデュマの言及

【アントラセン】より

三つの環から成る芳香族炭化水素の一つ。1833年にJ.B.A.デュマがコールタール中から単離したもので,ギリシア語の石炭を意味するanthrasに起源・出所を示す接尾辞eneをつけて命名された。純品は,エチルアルコールから再結晶したものは板状結晶,ベンゼンから再結晶したものは針状結晶で,いずれも無色の結晶であるが紫色の蛍光を有する。…

【化学】より

…ベルセリウスは,基は不可分の物質の構成単位で,電気力によって有機物分子をつくる,と考えた。しかしJ.B.A.デュマとローランAuguste Laurent(1807‐53)は,電気的な力に重点をおかず,種々の基が結合できる〈核〉を考えた。核の種類に応じて有機物は〈型〉に分類される。…

【窒素定量法】より

…たとえば有機態窒素化合物(タンパク質,アミノ酸,アミノ糖,核酸など)は,そのほとんどすべてを一つのグループとして取り扱うこともできる。すなわち,これらの有機態窒素化合物は,いずれも酸化銅などの酸化剤の存在下,N2を含まない気流中で強熱分解するとN2に変わり(デュマ窒素定量法),硫酸銅などを含む濃硫酸液中で加熱分解するとNH4に変わる(ケルダール窒素定量法)。したがって加熱分解後は,有機態窒素化合物の定量はN2あるいはNH4の定量に帰することになる。…

※「デュマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュマの関連情報