コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ステイル デ・ステイル De Stijl

3件 の用語解説(デ・ステイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・ステイル
デ・ステイル
De Stijl

美術用語。オランダ語で「様式」の意味。 1917年画家 T.ドースブルフライデンで創刊した美術雑誌の名前であるが,同誌に寄稿した建築家 J.アウト,G.リートフェルト,J.ウィルス,画家 P.モンドリアン,V.フッツァー,G.セベリーニ,画家で彫刻家の G.ファントンヘルロー,詩人 A.コックらの新しい造形芸術運動をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デ・ステイル

1917年,オランダファン・ドゥースブルフらによって興された抽象芸術運動。モンドリアン新造形主義に共鳴する芸術家たちが集まり機関誌《デ・ステイル》(〈様式〉の意)を刊行,のちに運動の総称となった。
→関連項目デ・クーニングランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・ステイル
ですている
De Stijl

20世紀の新様式を目ざして1917年、オランダのモンドリアン、ドースブルフ、彫刻家ファントンヘルロー、建築家アウト、同リートフェルトらが結成したグループ、およびその運動。デ・ステイルはスタイル(様式)の意で、同名の機関誌を17年10月に創刊し、ドースブルフが編集にあたった。メンバーのほかアルプマン・レイシュビッタース、クープカらも寄稿している。グループはモンドリアンの新造形主義にのっとって、絵画、彫刻、建築、デザインなどの諸分野にわたって幾何学的、構成的な抽象表現を追求し、視覚の革新と芸術の総合を目ざした。20年機関誌はバウハウスに紹介され、モンドリアンとドースブルフはそこから著書を出している。21年ドースブルフを中心にヨーロッパ各地で講演会を催し、運動は国際的に大きな反響をよんだ。機関誌は28年に刊行が中断されたが、ドースブルフの死後の32年1月、夫人の編集による彼の追悼号を最終号として発行した(通巻90号)。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・ステイルの関連キーワードオランダ屋敷オランダ渡りダッチ海牙ブラバント蘭書蘭文ヒートホールンV・ファーレン長崎ヴェッターフーン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・ステイルの関連情報