コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレモロ tremolo

翻訳|tremolo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレモロ
tremolo

音楽用語。「震える音」の意味。弦楽器では急速な弓の上下によって同じ高さの音を繰返し,不安な気分や劇的に緊迫した感情を表現するために効果的に用いられる。ときには3度の音程を往復することもある。ピアノのトレモロは一般にオクターブの往復運動である。声楽のトレモロは,同一音を急速に繰返す一種の装飾的唱法として 17世紀の初めに用いられ,トリロ trilloと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トレモロ

音楽用語。イタリア語で〈震える〉の意で,一般に同一音高の急速な反復。また,2音を交互に急速に反復して奏すること。擦弦(さつげん)楽器(弦楽器)では同じ音高の音を弓の往復によって急速に反復,または2つの音を急速に交替させる。ピアノでは和音を交互に奏するトレモロも可能。→トリル
→関連項目アルハンブラの思い出タールビブラートマンドリン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トレモロ【trèmolo】

〔震えるの意〕
同じ音や異なった二音を小刻みに反復しながら持続する演奏法。マンドリンなどの弦楽器で特に用いられる。震音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレモロ
とれもろ
tremoloイタリア語

音楽用語。「ふるえる」の意のtremareが語源。一般に同音(和音も含む)を急速に繰り返したり、隣接しない二音(和音も含む)を交互に反復したりすることによって得られる声楽上および器楽上の効果をさす。その効果は、もっぱら17世紀以降のオペラやバイオリン音楽などで劇的な雰囲気(とくに不安、動揺、興奮など)を醸し出すために用いられた。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トレモロの関連キーワードエレクトリック・ギター[electric guitar]湯浅 譲二:オン・ザ・キーボード/piano soloトレモロ・アーム[tremolo arm]省略記号[abbreviation]カスタネット[castanets]ザイロフォン[xylophone]シロフォン[xylophone]ティンパニー[timpani]アーミング[arming]アーム[arm]ゴング(打楽器)トライアングルタール(楽器)ヘンドリックスサントゥールシンセサイザカスタネットヴィブラートダルシマータンバリン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トレモロの関連情報