コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラ=エウロポス ドゥラ=エウロポス Doura-Eurōpus

1件 の用語解説(ドゥラ=エウロポスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥラ=エウロポス
ドゥラ=エウロポス
Doura-Eurōpus

シリア東部,シリア砂漠の北辺,ユーフラテス川中流右岸にある古代都市。前 300年頃セレウコス朝シリアのセレウコス1世によってマケドニアの守備隊駐屯地として建設され,シリアアンチオキアチグリス河畔のセレウキアの間を結ぶ主要道路の軍事拠点とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥラ=エウロポスの関連キーワードシリアル転送グレートビクトリア砂漠シリア砂漠タドモルユーフラテス川ユーフォリアチグリスとユーフラテスデューン/砂漠の救世主デューン/砂漠の神皇帝デューン/砂漠の異端者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone