コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥーメルグ ドゥーメルグ Doumergue, Gaston

4件 の用語解説(ドゥーメルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥーメルグ
ドゥーメルグ
Doumergue, Gaston

[生]1863.8.1. エグビーブ
[没]1937.6.18. エグビーブ
フランスの政治家。第三共和政第12代大統領(在任 1924~31)。法律を学び,インドシナアルジェリア弁護士を開業。1893年下院議員,急進社会党に所属。1902~05年植民地大臣,1906年商業大臣,1908~10年文部大臣

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドゥーメルグ

フランスの政治家。急進社会党の指導者として議会,内閣の要職を歴任,大統領(1924年―1931年)となった。1934年首相としてスタビスキー事件後の政治危機を収拾したが,右傾的な憲法改正案を提出して失脚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥーメルグ【Gaston Doumergue】

1863‐1937
フランスの政治家。小土地所有者の息子としてガール県に生まれ,パリで法律を修めたあと,インドシナとアルジェリアで司法官をつとめた。1893年に急進社会主義者として政界に進出,コンブ内閣の植民地相を皮切りに商相,文相を歴任,1913‐14年には首相となった。24年には右翼と穏和派の支持を得,左翼の推すパンルベを破って第三共和国第12代大統領に当選。31年にいったん引退したが,34年2月,スタビスキー事件後の右翼によるパリ暴動で倒れたダラディエ内閣のあとをうけて,右翼から急進社会党に至る国民連合内閣を組織した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥーメルグ
どぅーめるぐ
Gaston Doumergue
(1863―1937)

フランスの政治家。1863年8月1日ガール県生まれ。植民地司法官を経て1893年急進社会党代議士となった。1902年以来諸内閣に列したのち、1910年上院議員に転じた。第一次世界大戦前に短期間首相を務め、戦時中も入閣することが多かった。戦後の1924年、左翼連合の勝利を背景とした「権威主義的大統領」ミルラン追い落としの後を受けて大統領に選出された。任期終了で引退、3年後の1934年、右翼の大暴動「二月六日事件」による混乱を収拾すべく、請われて挙国一致内閣を組織した。しかし、それまでの議会万能を改め、内閣に下院解散権を与えて内閣の安定長命を図ることを骨子とした憲法改正案に同意が得られず、同年11月辞任した。[石原 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥーメルグの関連キーワードカロンヌセーチェニオランドグラックス土地所有権マンデスフランス借地権付住宅所有者不明土地分割地所有マーリク(土地所有者)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone