ドン・ファン

  • Don Juan
  • どんふぁん

デジタル大辞泉プラスの解説

1934年製作のイギリス映画。原題《The Private Life of Don Juan》。監督:アレクサンダー・コルダ、出演:ベニタ・ヒューム、ダグラスフェアバンクス、バリー・マッケイほか。
1926年製作のアメリカ映画。原題《Don Juan》。監督:アラン・クロスランド、出演:ジョン・バリモア、メアリー・アスター、ウィラード・ルイスほか。
ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスの交響詩(1889)。原題《Don Juan》。数々の女遍歴を重ねたスペインの伝説上の人物ドン・ファンを主題として作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好色放蕩(ほうとう)の伝説上の人物。転じて漁色家の代名詞になった。『セビーリャ年代記』によると、スペインの名家の息子ドン・ファン・テノーリオはウジョエの娘を奪ってウジョエを殺害した。その遺体が埋葬された寺院のフランシスコ会の僧たちは怒ってドン・ファンを殺したが、その事実を隠し、ウジョエの墓の上に建てられた石像がドン・ファンの上に倒れ、彼はその下敷きになって死んだという噂(うわさ)を流し、死因を天罰とした。この事件をスペインのティルソ・デ・モリーナが『セビーリャの色事師と石の招客(まろうど)』(1630)という劇にし、大当りをとった。イタリアでイタリア版(1659)がつくられ、ついでフランスのモリエールによる喜劇『ドン・ジュアン、あるいは石像の宴』(1665)となり大成功を収めた。その後モーツァルトのオペラ『ドン・ジョバンニ』(1787)を生む。ロマン主義の台頭した19世紀になると、ドン・ファンはさらに脚光を浴び、バイロンの『ドン・ジュアン』(1819)、ソリーリャの『ドン・ファン・テノーリオ』(1844)など数々のドン・ファンものがつくられた。20世紀には小説家モンテルランの『ドン・ジュアン』(1958)がある。このほか詩人のプーシキンやボードレール、哲学者のキルケゴール、小説家のアレキサンドル・デュマやプロスペル・メリメ、音楽家のリヒャルト・シュトラウスなど多数の者が、ドン・ファンを取り上げた。

 なぜ、これほどまでドン・ファンは文学芸術のテーマになりえたのか。特定の女性にとらわれることを避け、次から次に新しい女性を求めたドン・ファンの心理の解釈がさまざまにできるからであり、不幸や後悔や責め苦を担う悪の天使、あるいはその時代その時代の道徳に反抗する反逆者として、かっこうの人物だったからであろう。一方、精神分析学者の間でも、ドン・ファン的人物の精神分析に関心が寄せられている。

[村田仁代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android