コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルシシズム ナルシシズム narcissism

翻訳|narcissism

5件 の用語解説(ナルシシズムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナルシシズム(narcissism)

精神分析の用語。自分自身を性愛の対象とすること。自己愛。ギリシャ神話ナルキッソスに由来。
自己陶酔。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナルシシズム

ギリシア神話のナルキッソスの物語に基づいて,精神分析学が自己愛の病的に強いタイプを表現するために用いた語。自己の容貌,肉体,性器等に自己賛美的な愛着を感ずる傾向がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナルシシズム【narcissism】

ギリシア神話の美少年ナルキッソスにちなむ造語で,〈自己愛〉と訳される。ネッケP.Näckeにより用いられ,S.フロイトが精神分析の概念として確立した。精神分析では個人の発達の最初の段階に個人が自己と対象(他者),現実と非現実(空想)の区別を知らない時期,いいかえれば個人がまだ自己と区別され,自己と対立する他者や空想とぶつかり,空想の世界を限定する現実を発見していない時期を仮定している。この状態は,人類が他の高等哺乳類と違って感覚運動器官が未発達なまま,いわば一種の未熟児として生まれてくること(ネオテニー)に起因しているが,個人の最初の衝動生活はこの状態のなかで営まれ,満足される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナルシシズム【narcissism】

自分の容姿に陶酔し、自分自身を性愛の対象としようとする傾向。自己愛。ギリシャ神話のナルキッソスにちなむ精神分析用語。
うぬぼれ。自己陶酔。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルシシズム
なるししずむ
narcissism

ギリシア神話のナルキッソス(一般に用いられるナルシスはこのフランス語名)に由来する概念。ナルシズムともいう。美少年のナルシスは、ニンフエコーの愛を拒絶して水面に映った自分の姿に見とれ、その場から離れることができず死んでしまう。ここから一般的には自己愛、自己陶酔の意味で使われる。ナルシシズムでは、性的リビドーは外の対象に向けられず、自分自身に向けられる。異性の愛を拒絶し、同性の愛を求める同性愛は、自分以外の対象を求めるとはいえ、この対象は自分自身の代理にほかならず、ナルシシズム型の愛の様式である。フロイトによれば、ナルシシストは「母親が自分を愛してくれたように、自分が愛することのできる若者(すなわち自己と同一視された対象)を求める」のである。パラノイア型の精神病では、外に向けられていた対象リビドーは、自分に向け換えられ自我リビドーとなり、ナルシシズムを肥大化し、それがふたたび外に投影され誇大妄想をつくりだす。
 ナルシシズムという用語を最初に用いた(1895)のは、イギリスの性心理学者エリスであるが、1899年にドイツの精神科医ネッケPaul Ncke(1851―1913)は、ナルシシズムを性的倒錯の一種として定義した。フロイトは『ナルシシズム入門』(1914)において、ナルシシズムを自我発生の問題として取り上げ、自体愛と対象愛の中間に位置する発達段階であり、自体愛に特別な心的作用が加わり、ナルシシズムに発達すると考えた。この特別な心的作用とは同一視であり、他者との同一視によって自我が形成されるが、自我が形成されると、自分の身体ではなく自分の自我を愛するようになる。ラカンの発達段階としての鏡像段階は、この同一視を明確に記述しようとするものである。フロイトは、『自我とエス』(1923)においては、自他未分の原初的状態を一次的ナルシシズムとよぶ考え方を示している。幼児的なナルシシズムが喪失すると、その代理として自我理想がつくられる。[川幡政道]
『フロイト著、懸田克躬・吉村博次訳「ナルシシズム入門」(『フロイト著作集5』所収・1969・人文書院) ▽フロイト著、小此木啓吾訳「自我とエス」(『フロイト著作集6』所収・1970・人文書院) ▽外林大作著『フロイトの読み方2 ナルシズムの喪失』(1988・誠信書房) ▽A・ローウェン著、森下伸也訳『ナルシシズムという病い――文化・心理・身体の病理』(1990・新曜社) ▽セルジュ・ルクレール著、小林康夫・竹内孝宏訳『子どもが殺される――一次ナルシシズムと死の欲動』(1998・誠信書房) ▽小此木啓吾著『自己愛人間 現代ナルシシズム論』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナルシシズムの言及

【愛】より

…ただし,S.フロイトによると,この〈異性愛〉もはじめからそういうものとして成立するのではなく,幼児が自分の指を吸う行為などにみられるように,まず自分自身の身体を対象とする〈自体愛(オートエロティズム)〉として芽生えたのち,自己という存在全体にむけられて〈自己愛〉へとすすむ。水面に映った自分の姿にあこがれ,水に落ちておぼれ死ぬギリシア神話の美少年ナルキッソスの場合がこれで,その名にちなみ,〈ナルシシズム〉とも呼ばれるが,成長後も,ある種の神経症や精神病では,退行してこの状態を再現することがある。ふつうは自他の分離の完成とともに,自分以外の他者が愛の対象として選ばれるようになるが,その場合でも〈同性愛〉の段階をへて初めて〈異性愛〉という最終的な愛の様態に到達する。…

※「ナルシシズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナルシシズムの関連キーワードエコーガニメデディアナナルキッソスギリシャ神話パルナソスアモルナルキッソスの恋ディオニュソス譚キローン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナルシシズムの関連情報