コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーシク ナーシク Nāsik

5件 の用語解説(ナーシクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーシク
ナーシク
Nāsik

インド西部,マハーラーシュトラ州北西部の都市。ナーシク県の行政庁所在地ムンバイ (ボンベイ) 北東約 150km,ウェスタンガーツ山脈東麓,標高 600mに位置。聖なるゴダバリ川にのぞみ,『ラーマーヤナ』の主人公ラーマー王子が住んだと伝えられるところから,多くのヒンドゥー教徒が巡礼に訪れ,沐浴する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナーシク(Nasik)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。ムンバイの北東約170キロメートル、ゴダバリ川沿いに位置する。ラーマーヤナゆかりの地であり、ヒンズー教の聖地としても知られる。川沿いの沐浴場で、12年に一度、ヒンズー教の大祭クンブメーラー行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナーシク

インド中西部,ボンベイ(ムンバイ)の北東約150km,マハーラーシュトラ州にある都市。ゴーダーバリー川に臨み交通の要地。綿花,米など農産物取引の中心。工業は小規模で,織物,タバコ,手工芸品など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナーシク【Nāsik】

インド西部,マハーラーシュトラ州北西部の都市。人口91万6000(1981)。西ガーツ山脈東麓のゴーダーバリー川源流部にある。同川は地下でガンガー(ガンジス)川と源を同じくするとされ,ナーシクはワーラーナシーと並ぶヒンドゥー教の聖地となっている。《ラーマーヤナ》の主人公ラーマ王子は故国を追われて妃シーターとともにここに来住し,シーターはここでランカーラーバナに誘拐されたとされる。川の南岸部の旧市には多くのビシュヌ寺院が点在し,12年ごとに催されるクンブ・メーラーはヒンドゥー教最大の祭りの一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーシク
なーしく
Nsik

インド西部、マハラシュトラ州北西部の都市。ムンバイ(ボンベイ)の北東150キロメートル、西ガーツ山脈山麓(さんろく)のゴダバリ川の上流沿岸に位置する。人口107万6967、周辺部を含む人口115万2048(2001)。ガンジス川中流域のワーラーナシやアラハバードに次ぐヒンドゥー教の聖地として知られ、多くの参拝客が訪れる。ことに12年に一度のクンブ・メラの大祭には何十万人もの信徒が訪れる。ゴダバリ川の沐浴(もくよく)場は身を清める信徒の群れでいつもにぎわっている。河岸に並ぶ寺院のなかには14世紀ごろ建設されたものもあり、200~300年の歴史をもつものが多い。南西8キロメートルの郊外には紀元前1~後2世紀の仏教系石窟(せっくつ)寺院がある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナーシクの関連キーワードターナナーグプルマラーティー語マハラシュトラコールハープルショーラープルプネーナームデーオマハーラーシュトラ[州]マハーラーシュトリー語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone