コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーシク ナーシクNāsik

5件 の用語解説(ナーシクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーシク
ナーシク
Nāsik

インド西部,マハーラーシュトラ州北西部の都市。ナーシク県の行政庁所在地ムンバイ (ボンベイ) 北東約 150km,ウェスタンガーツ山脈東麓,標高 600mに位置。聖なるゴダバリ川にのぞみ,『ラーマーヤナ』の主人公ラーマー王子が住んだと伝えられるところから,多くのヒンドゥー教徒が巡礼に訪れ,沐浴する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナーシク(Nasik)

インド西部、マハラシュトラ州の都市。ムンバイの北東約170キロメートル、ゴダバリ川沿いに位置する。ラーマーヤナゆかりの地であり、ヒンズー教の聖地としても知られる。川沿いの沐浴場で、12年に一度、ヒンズー教の大祭クンブメーラー行われる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナーシク

インド中西部,ボンベイ(ムンバイ)の北東約150km,マハーラーシュトラ州にある都市。ゴーダーバリー川に臨み交通の要地。綿花,米など農産物取引の中心。工業は小規模で,織物,タバコ,手工芸品など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナーシク【Nāsik】

インド西部,マハーラーシュトラ州北西部の都市。人口91万6000(1981)。西ガーツ山脈東麓のゴーダーバリー川源流部にある。同川は地下でガンガー(ガンジス)川と源を同じくするとされ,ナーシクはワーラーナシーと並ぶヒンドゥー教の聖地となっている。《ラーマーヤナ》の主人公ラーマ王子は故国を追われて妃シーターとともにここに来住し,シーターはここでランカーラーバナに誘拐されたとされる。川の南岸部の旧市には多くのビシュヌ寺院が点在し,12年ごとに催されるクンブ・メーラーはヒンドゥー教最大の祭りの一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーシク
なーしく
Nsik

インド西部、マハラシュトラ州北西部の都市。ムンバイ(ボンベイ)の北東150キロメートル、西ガーツ山脈山麓(さんろく)のゴダバリ川の上流沿岸に位置する。人口107万6967、周辺部を含む人口115万2048(2001)。ガンジス川中流域のワーラーナシやアラハバードに次ぐヒンドゥー教の聖地として知られ、多くの参拝客が訪れる。ことに12年に一度のクンブ・メラの大祭には何十万人もの信徒が訪れる。ゴダバリ川の沐浴(もくよく)場は身を清める信徒の群れでいつもにぎわっている。河岸に並ぶ寺院のなかには14世紀ごろ建設されたものもあり、200~300年の歴史をもつものが多い。南西8キロメートルの郊外には紀元前1~後2世紀の仏教系石窟(せっくつ)寺院がある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone