コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガヨモギ(苦艾) ニガヨモギArtemisia absinthium; wormwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガヨモギ(苦艾)
ニガヨモギ
Artemisia absinthium; wormwood

キク科の二年草。地中海地方から中央アジアにかけての原産で,薬用植物として西ヨーロッパ北アメリカで栽培される。茎は多数分枝し,高さ 1.5mに達する。全体はヨモギに似ているが,特有の強い臭気があり,葉に苦みがある。健胃剤などの薬用にされるほか,乾葉からとった精油をアブサン酒やベルモットワインに加える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニガヨモギ(苦艾)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android