ニガヨモギ(苦艾)(読み)ニガヨモギ(英語表記)Artemisia absinthium; wormwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニガヨモギ(苦艾)
ニガヨモギ
Artemisia absinthium; wormwood

キク科の二年草。地中海地方から中央アジアにかけての原産で,薬用植物として西ヨーロッパ北アメリカで栽培される。茎は多数分枝し,高さ 1.5mに達する。全体はヨモギに似ているが,特有の強い臭気があり,葉に苦みがある。健胃剤などの薬用にされるほか,乾葉からとった精油をアブサン酒やベルモットワインに加える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android