コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルチンスク条約 ネルチンスクじょうやくTreaty of Nerchinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルチンスク条約
ネルチンスクじょうやく
Treaty of Nerchinsk

1689年ロシア国との間に初めて締結された国境画定のための条約。 16世紀末イワン4世 (雷帝) の晩年以来モスクワ公国はコサックによるシベリアの征服を推し進めてきたが,17世紀中葉 E.P.ハバロフの率いる軍隊がアムール川流域に進出しその地を征服してから,そこの先住民より貢租を徴収していた清国勢力と衝突するようになった。同世紀後半を通じて数度の戦闘が両国間に交えられたが,1680年代の「六年戦争」ののち,ともに平和的解決を望むようになり,ロシアの要塞ネルチンスクにおいて長い交渉が行われた。その結果,両国は外興安嶺とエルグン川,シルカ川支流のゴルビツァ川の線を国境と定めることで同意に達した。この条約により,モスクワはアムール低地を清国に明渡し,以後 19世紀後半にいたるまでアジアでの南進をはばまれたが,清国との貿易関係を樹立することができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネルチンスク‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ネルチンスク条約】

1689年、ネルチンスクで、ロシアと国との間で結ばれた条約。アルグン川と外興安嶺を境とする両国国境の画定をはじめ、通商規定や逃亡者引き渡しなどを内容とする。清国がヨーロッパ諸国と結んだ最初の対等の条約。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネルチンスク条約【ネルチンスクじょうやく】

1689年ネルチンスクで締結されたロシア・清間の条約。シベリアを東進したロシア軍がアムール川を南下し,清の北辺を脅かした。中国統一を終わった康煕(こうき)帝はロシア軍を攻撃し,その結果,アルグン川・外興安嶺を両国国境と定め,両国間の通商規定や逃亡者の処理・越境に関する規定が成立。
→関連項目【あい】琿条約シベリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネルチンスクじょうやく【ネルチンスク条約】

1689年9月7日(ロシア暦8月27日,清暦康熙28年7月24日),清とロシアとの間に最初に結ばれた条約。17世紀半ばからロシアのコサックや開拓農民が黒竜江流域へ進出し始めたことから,この動きを阻止しようとする清との間に緊張が高まり,1685年と86年にロシアの前進基地アルバジン城塞をめぐって両国の間に大規模な攻防戦が繰り返された。これをきっかけに両国ともに和平気運が高まり,国境画定に向けて動き出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネルチンスクじょうやく【ネルチンスク条約】

1689年、ロシアと清がネルチンスクで結んだ条約。外興安嶺(スタノボイ山脈)を国境と定め、逃亡者の引き渡し、交易の自由などを取り決めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネルチンスク条約
ねるちんすくじょうやく

1689年に清(しん)とロシアがネルチンスクで結んだ条約。清がヨーロッパ諸国と結んだ、最初の対等の条約である。17世紀中ごろからロシア人が黒竜江(アムール川)方面に進出してきたので、清との間に紛争が絶えず、清はロシアに対し1670年ごろから逃亡者の引渡しを求め、1680年代に入るとさらにロシア人の撤退を求めたが、ロシアはこれに応ぜず、ついに清軍がアルバジン城を囲んだ。そこでロシアは清と和を講ずるためゴロビーンを派遣し、彼と清の索額図(ソンゴトウ)がネルチンスクに会してこの条約を結んだ。条約締結に成功したのは、ロシアは清と国交を開いて交易を行うことを望み、清はロシアと講和してモンゴルで威を振るうジュンガルのガルダンを孤立させることを望んだためであり、さらに清の全権団にラテン語通訳として同行した2人のイエズス会士ペレイラとジェルビヨンの周旋に負うところも多い。
 調印は9月7日(陰暦7月24日)で、要点は次のとおりである。(1)境界はアルグン川、シルカ川に注ぐゴルビッツァ川、石の山(外興安嶺(こうあんれい))とする。ただし、海に注ぐウディ川と外興安嶺の中間の地は未決定とし、後日決定する。(2)アルグン川南岸のロシア人の家屋は北岸に移し、アルバジンの城塞(じょうさい)は破壊し、すべてを撤去する。(3)不法越境を禁止し、違反者は本国官憲が引渡しを受け、罪の軽重に応じて処罰する。(4)過去の逃亡者は不問に付すが、将来はすべて捕らえて引き渡す。(5)旅券を持つ者は往来と交易を許される。(6)条約を守る。また条約文を刻した石碑を境界に建ててもよい。
 なお、調印の際、清の全権は、破壊したアルバジンの地には永久に建造物を設けず、住民を置かないと誓約したとロシア側はいうが、清は否定した。
 条約締結後、ロシアの隊商の北京(ペキン)貿易が隆盛になるが、通商と外交の関係が不明確であった。未決定部分の境界は長い間放置されてきたが、1858年のアイグン条約で黒竜江を境界と定める際の口実に利用される結果となり、1860年の北京条約でネルチンスク条約は廃棄された。後年ソ連では、この条約は清軍の強圧のもとで結ばれ、批准条項を欠き、現地での境界設定がなかったと批判し、欠陥条約視した。[吉田金一]
『吉田金一著『近代露清関係史』(1974・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネルチンスク条約の言及

【中ソ国境問題】より

…そして中ソ国境線の特質は,これらの条約がツァーリ・ロシアによるロシアの東漸,中国侵略を物語る記録である,ということにある。 中国とロシア間に最初に締結された国境画定に関する条約は,1689年(康熙28)のネルチンスク条約である。この条約によって外興安嶺,ゴルビツァ川,エルクナ川が国境線と規定された。…

【ネルチンスク】より

…機械化農業と獣医の教育機関,地方博物館もある。1654年にエニセイ軍管区司令官A.パシコフによりネルチンスク城塞が建設され,89年にここで清国との間のネルチンスク条約が結ばれた。この条約で画定された国境線はその後璦琿(あいぐん)条約(1858),北京条約(1860)によって変更され,今日なお中国・ロシア間の国境問題討議の対象となっている。…

【北京伝道団】より

…中国,清代に北京在住のロシア人にロシア正教を伝道するためにロシア政府から派遣された宣教師団。1689年(康熙28)のネルチンスク条約により,それまでに清国に逃亡したり,アルバジンでの戦争で捕虜とされたりしたロシア人は本国へ送還しなくてよいことになったので,清朝政府は彼らを北京の北東隅のオロス北館に集住せしめた。これらロシア人の正教信仰を支えるため,1715年ロシア政府は清朝政府の特別の同意を得て掌院(アルヒマンドリト)イラリオン・レジャイスキーの一行を北京に派遣した。…

※「ネルチンスク条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネルチンスク条約の関連キーワードソンゴトゥ(索額図)中ロ国境画定の経緯チェルニゴフスキーヘイホー(黒河)市清の時代(年表)スタノボイ山脈アムール[川]康熙帝・康煕帝ハバロフスク黒竜江(省)ジェルビヨンキャフタ条約江東六十四屯北京伝道団ゴロビーン中ロ関係安部竜平愛琿条約康煕帝イデス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android