ノアの箱舟(読み)のあのはこぶね(英語表記)Noah's Ark

翻訳|Noah's Ark

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノアの箱舟
のあのはこぶね
Noah's Ark

旧約聖書』の「創世記」6~9章に言及され、アダムより数えて10代目のノアとノア一族を洪水による滅びから救った舟。その大きさをメートル法に換算すれば、全長135メートル、幅22.5メートル、高さ13.5メートルになる。
 この舟が漂着したと伝えられるアララテ山(アララト山)中に、今日でも箱舟探しを試みる人たちがいるが、無益である。なぜなら、ノアの洪水伝説は、いっそう古いバビロニア洪水伝説『ギルガメシュ物語』中の一挿話に由来すると考えられるからである。むしろ聖書の記者が箱舟のモチーフによって何を伝えようとしたかが重要であろう。『ギルガメシュ物語』によれば、神から洪水の予告を受けたウトナピシュティムは、乗船し、自分で舟の入口をふさぐ。他方ノアの場合、最後に舟の戸を閉めるのは神である。つまり後者の語りでは、神による救済と審判との行為が問題であり、ノアの幸運を語ることには無関心である。また箱舟を表すヘブライ語tbhは、神の保護を約束された容器を意味し、捨て子モーセの置かれた籠(かご)をも意味する(「出エジプト記」2章3、5節)。[定形日佐雄]
『矢島文夫訳『ギルガメシュ叙事詩』(『世界文学大系1 古代オリエント集』所収・1978・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ノア の=箱舟(はこぶね)[=船(ふね)

旧約聖書のノアの洪水物語のなかで、神の怒りによる大洪水から救われるため、神のことばに従ってつくった船。
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉古市「寺院の火海の中央に漂へるさまはノアの船に異ならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノアの箱舟の関連情報