コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノゴマ ノゴマ Luscinia calliope; Siberian rubythroat

3件 の用語解説(ノゴマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノゴマ
ノゴマ
Luscinia calliope; Siberian rubythroat

スズメ目ヒタキ科。全長 15~16cm。雌雄異色。雄は頬を縁どる顎線が白色,喉が鮮紅色で,すぐにこの種とわかる。眉斑も白色で,背面がオリーブ褐色である。雌はたいてい顎線を欠き,喉が白いが,薄く赤い個体もいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノゴマ

ヒタキ科の鳥でコマドリに近縁。翼長7.8cm。全体が褐色を帯びたオリーブ色。腹は淡色。雄はのどが赤い。東アジア北部で繁殖し,北海道に夏鳥として渡来。冬は東南アジアに渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノゴマ
のごま / 野駒
Siberian rubythroat
[学]Erithacus calliope

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。中国西部からカムチャツカ半島まで、樺太(からふと)(サハリン)、北海道で繁殖し、冬はインド、東南アジア、中国南部で過ごす。北海道では、海岸と高山の、低木のある草地に渡来し、6、7月に倒木などの物陰に巣をつくり、4、5卵を産む。抱卵は雌のみ、育雛(いくすう)は雌雄が共同で行う。全長約15センチメートル、全身褐色で、下面は淡く、白い眉斑(びはん)が目だつ。雌はのどが白く、雄は赤い。このため「日の丸」とよばれることがある。地上を跳ね歩きながら、また草むらや低木の枝で昆虫など小動物をとり、植物質はほとんど食べない。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノゴマの関連キーワード鮫鶲紅雀ウグイス(鶯)ジョウビタキ(常鶲)ソウシチョウ(想思鳥)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)モズヒタキ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノゴマの関連情報