コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノッキング ノッキング knocking

6件 の用語解説(ノッキングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノッキング
ノッキング
knocking

内燃機関の過負荷運転時などに,シリンダをハンマでたたくような音を発することがあり,この現象をノッキングまたはノックという。ガソリン機関ディーゼル機関ではまったく異なった原因による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノッキング(knocking)

[名](スル)内燃機関で、燃料が異常燃焼を起こし、金槌(かなづち)でたたくような音を発すること。また、その異常燃焼。デトネーション。爆燃。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノッキング

ノックとも。ガソリンエンジンなどの火花点火機関で生じる異常燃焼で,金属性の打撃音を生じることからこの名がある。正常な燃焼による火炎が到達する前に,未達部分の混合気が自然発火することによって起こる。
→関連項目圧縮比アンチノック剤デトネーション

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノッキング【knocking】

単にノックknockともいう。ガソリンエンジンなどの火花点火機関において起こる異常燃焼の一種。正常な燃焼による火炎が到達する前に,末端の燃料,空気混合気が自発発火することによって起こり,急激な燃焼による大きな圧力変動のために金属性の打撃音が発生するのでこの呼名がある。激しいノッキングは出力低下を招くばかりでなく,機関の損傷をひき起こすので,ノッキングの回避は火花点火機関では重要な課題である。また負荷の大きい(発生トルクの大きい)ところで起こりやすいので,機関の出力に制約を与えることにもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノッキング【knocking】

( 名 ) スル
ガソリン-エンジンなど内燃機関で起こる、燃料・空気の混合気の異常燃焼。正常に燃焼する前の混合気の自発火で起こり、金属性の打撃音を発する。ノック。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノッキング
のっきんぐ
knocking

往復動内燃機関シリンダー内の異常燃焼により、槌(つち)でたたくような音を出す現象。燃料と空気の混合気は点火後火炎がシリンダー内を伝播(でんぱ)するが、伝播する火炎の前方の未燃混合気が圧縮され高温度に保持されると化学反応が急速になり、一度に多くの点で燃焼を始め、伝播火炎の到達する以前に急激に残りの未燃混合気が燃焼する。急激な燃焼によってシリンダー内に大きな圧力振動が発生し、圧力波がシリンダーを音速で往復するのに相当するような衝撃音(数キロヘルツ)が発生する。ノッキングは、圧力振動の振幅の小さい軽微なノックから圧力振幅の大きい激しいノックまであり、軽微なノックは人間が感知できる限界に近い。ノッキングの発生は、燃料(ガソリン)の化学構造によって大きく左右される。また、ノッキングをおこしにくい性質をアンチノック性とよぶ。ノッキングは、自発火をおこしやすい燃料を用いるほど、点火時期を早めたり圧縮比をあげて未燃混合気を長く高温に保つほどおこりやすい。また燃焼室の構造で伝播火炎前方の未燃混合気の冷却が不十分な場合にもおきやすい。ガソリンのアンチノック性を数量的に示す指数をオクタン価という。またノッキングを抑止する有効な添加剤(アンチノック剤という)としてテトラエチル鉛があるが、大気汚染防止のため使用は制限されている。ノッキングがおこると、圧力波により高温の燃焼ガスから多くの熱が燃焼室壁に流れるようになり、燃焼室壁の温度が上昇し、燃焼室壁の焼損、さらには排気弁などの焼損に至る。[吉田正武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノッキングの関連キーワード揮発油石油ベンジン無鉛ガソリンアンチノック性エチルガソリンガソリンが切れるガソリンを入れるガソリン車ノックバット加鉛ガソリン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノッキングの関連情報