コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビタキ ノビタキSaxicola stejnegeri; Stejneger's stonechat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノビタキ
Saxicola stejnegeri; Stejneger's stonechat

スズメ目ヒタキ科。ニシノビタキ S.torquatus 亜種とみられていたが,今日では遺伝子の研究により独立種として分離されている。全長 11.5~13cm。雌雄異色。夏羽(→羽衣)の雄は頭,背,顔,喉が黒く,頸側と上尾筒は白い。胸は栗色。に顕著な白斑がある。雌は背面が羽毛に淡色の縁のある暗褐色で,頭や頸,背が雄のように黒くない。雄の冬羽は雌に似る。シベリアからサハリン島東アジア北部に繁殖分布し,中国南東部からインドシナ半島に渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,本州中部以北の草原で繁殖する。「ひーひー,かっかっ」と鳴く。昆虫類を主食とし,地上に巣をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ノビタキ

ヒタキ科の鳥。翼長6.8cm。雄は上面とのど,尾が黒く,胸は赤褐色,下面は白い。雌は全体に褐色。ユーラシアからアフリカにかけて広く分布,夏鳥として本州中部以北に渡来して繁殖する。
→関連項目ヒタキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビタキ
のびたき / 野鶲
stonechat
[学]Saxicola torquata

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。イギリスを含むヨーロッパから、日本を含むアジアまで広く分布し、北方のものは南下して越冬する。日本では、本州中部地方以北の高原と北海道低地の草原に夏鳥として渡来し、5~7月に、地上の物陰に巣をつくり5~7個の卵を産む。抱卵は雌のみ、12~14日で雛(ひな)がかえると、雄も餌(えさ)を運ぶ。冬は日本を去る。全長約12センチメートル。雌は、上面が黒と褐色のまだらで下面は淡黄褐色。雄も秋の換羽で似た姿になるが、越冬中に羽の縁が擦り切れて、頭からのどにかけて、および背面が黒く、胸が赤くなる。雌雄ともに翼に大きな白斑(はくはん)がある。もっぱら地上や草の葉などの昆虫を捕食する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノビタキの関連キーワードカッコウ野鶲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノビタキの関連情報