コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロガン(灰色雁) ハイイロガンgreylag goose

世界大百科事典 第2版の解説

ハイイロガン【ハイイロガン(灰色雁) greylag goose】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。ユーラシア大陸の中緯度地方で繁殖し,冬季にはヨーロッパおよびアジアの南部に渡る。ヨーロッパではかつてほぼ全土で繁殖していたが,現在は北と東ヨーロッパにだけ繁殖している。日本にはごくまれに冬鳥として渡来する。湖沼湿地にすむ。全長約84cm。体は全体に灰褐色で,とくに頭頸(とうけい)部は灰色みが強い。下面淡色である。くちばしはアジアの亜種では桃肉色だが,ヨーロッパの亜種では橙赤色をしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハイイロガン(灰色雁)の言及

【ガチョウ(鵞鳥)】より

…ガンカモ目に属する家禽(かきん)で,ヨーロッパ系のものAnser anserと中国系のものA.cygnoidesがある。前者はハイイロガンをエジプトで前2800年ころに家禽化したもので,主要品種としてはエムデン種Embden(ドイツ原産,白色,体重8.0~9.0kg)(イラスト)やトゥールーズ種Toulouse(フランス原産,灰褐色,体重9.0~12.0kg)(イラスト)がある。…

※「ハイイロガン(灰色雁)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android