コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカツラガン サカツラガンAnser cygnoides; swan goose

2件 の用語解説(サカツラガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカツラガン
サカツラガン
Anser cygnoides; swan goose

カモ目カモ科。全長 90cm。頭上から後頸は暗赤褐色,背面は灰褐色,喉,頸側,胸は淡褐色で,腹は白い。中国のシナガチョウの原種。シベリア東部,中国東北部,モンゴルサハリンで繁殖し,中国東部,朝鮮半島,日本で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカツラガン
さかつらがん / 酒面雁
swan goose
[学]Anser cygnoides

鳥綱カモ目カモ科の鳥。モンゴルからシベリア南東部、樺太(からふと)(サハリン)、カムチャツカ半島、コマンドルスキー諸島に繁殖し、朝鮮半島、中国北部、一部は日本にも越冬するアジア特産の大形ガンである。全長約87センチメートル。嘴(くちばし)は黒くて長く、頭から後頸(こうけい)に沿って濃い褐色なのが特徴で、顔部がやや茶褐色なので酒面の名がある。日本への渡来は元来少数であったが、1950年(昭和25)ごろまでは20羽内外は千葉県市川市新浜(しんはま)などにみられた。しかし近年は、まれに単独で出現するにすぎない。本種は、中国で家禽(かきん)化されたシナガチョウの原種であるが、繁殖地は奥地の山麓(さんろく)草地や沼地で、その生態に関する報告は少ない。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サカツラガンの関連キーワードトラ(虎)毛利幸夫ANGERO押入れノンステップバス甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアルアカムシイトヒキアジイヌホオズキ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone