コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカツラガン サカツラガン Anser cygnoides; swan goose

2件 の用語解説(サカツラガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカツラガン
サカツラガン
Anser cygnoides; swan goose

カモ目カモ科。全長 90cm。頭上から後頸は暗赤褐色,背面は灰褐色,喉,頸側,胸は淡褐色で,腹は白い。中国のシナガチョウの原種。シベリア東部,中国東北部,モンゴルサハリンで繁殖し,中国東部,朝鮮半島,日本で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカツラガン
さかつらがん / 酒面雁
swan goose
[学]Anser cygnoides

鳥綱カモ目カモ科の鳥。モンゴルからシベリア南東部、樺太(からふと)(サハリン)、カムチャツカ半島、コマンドルスキー諸島に繁殖し、朝鮮半島、中国北部、一部は日本にも越冬するアジア特産の大形ガンである。全長約87センチメートル。嘴(くちばし)は黒くて長く、頭から後頸(こうけい)に沿って濃い褐色なのが特徴で、顔部がやや茶褐色なので酒面の名がある。日本への渡来は元来少数であったが、1950年(昭和25)ごろまでは20羽内外は千葉県市川市新浜(しんはま)などにみられた。しかし近年は、まれに単独で出現するにすぎない。本種は、中国で家禽(かきん)化されたシナガチョウの原種であるが、繁殖地は奥地の山麓(さんろく)草地や沼地で、その生態に関する報告は少ない。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サカツラガンの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧フランクリン鴎カモカモカモ(鴨)ガンカモ類(雁鴨類)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone