サカツラガン(英語表記)Anser cygnoides; swan goose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカツラガン
Anser cygnoides; swan goose

カモ目カモ科。中国で家禽化されたシナガチョウの原種。全長 81~94cm。頭上から後頸は暗褐色,頬から前頸はクリーム白色。は黒く,額との境が白い。背面は褐色だが,各羽毛の縁の色が淡く,波状の縞模様をつくっている。胸,腹は淡褐色の濃淡の縞模様で,下尾筒は白色。モンゴルシベリア東南部から中国東北部で繁殖する。ステップタイガの草原などに生息し,水に入ることは少ない。巣は湿原などの近くの小高くなった場所など乾燥した草原に草を敷いてつくる。繁殖を終えると,おもに中国中東部に渡って越冬し,この時期は淡水の湖沼や河川で過ごすことも多い。渡り途中で多くの中継地に滞在するので,そうした地域も生息地と考えられる。日本ではかつて冬鳥(→渡り鳥)として多数渡来したが,狩猟などで生息数が減少し,今日では渡来数が少ない。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サカツラガン
さかつらがん / 酒面雁
swan goose
[学]Anser cygnoides

鳥綱カモ目カモ科の鳥。モンゴルからシベリア南東部、樺太(からふと)(サハリン)、カムチャツカ半島、コマンドルスキー諸島に繁殖し、朝鮮半島、中国北部、一部は日本にも越冬するアジア特産の大形ガンである。全長約87センチメートル。嘴(くちばし)は黒くて長く、頭から後頸(こうけい)に沿って濃い褐色なのが特徴で、顔部がやや茶褐色なので酒面の名がある。日本への渡来は元来少数であったが、1950年(昭和25)ごろまでは20羽内外は千葉県市川市新浜(しんはま)などにみられた。しかし近年は、まれに単独で出現するにすぎない。本種は、中国で家禽(かきん)化されたシナガチョウの原種であるが、繁殖地は奥地の山麓(さんろく)草地や沼地で、その生態に関する報告は少ない。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android