コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン(雁) ガン

2件 の用語解説(ガン(雁)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガン(雁)【ガン】

カリとも。カモ科の鳥のうち,大型で首が長く,雌雄同色のものの総称。雄の羽色も四季を通じて同じ。15種ほどある。おもにユーラシア大陸,北米大陸北部で繁殖し,冬は南へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガン【ガン(雁) goose】

カモ目カモ科のうちのガン類Anserinaeの総称。カリともいう。ガン類は一般にハクチョウ類とカモ類の中間の大きさの鳥で,カモ科の中では最も陸上生活に適応している。マガンイラスト),ヒシクイ(イラスト),ハイイロガン(イラスト),シジュウカラガン(イラスト),カササギガン,ロウバシガンコバシガンなどの仲間があり,世界中に広く分布はしているが,アフリカオーストラリアには種類は少ない。カモ類と異なって,多くのものは雌雄同色であるが,コバシガン類の中には雌雄異色のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガン(雁)の関連キーワードカモかもかも瘤白鳥縞味内掃部司晨鳧

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone