コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドゥ(海都) ハイドゥKhaidu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイドゥ(海都)
ハイドゥ
Khaidu

[生]?
[没]1301
オゴデイ・ハン国のハン。オゴデイ (太宗) の孫。モンゴル帝国の大ハンの継承争いに関与し,特にフビライ・ハンアリク・ブガ (阿里不哥) 兄弟の争いでは,後者を支持した。アリク・ブガが敗れて,フビライの東方における覇権が確立したのちもこれに抵抗した。両者はチャガタイ・ハン家の継承をめぐり決定的に対立し,以後 30年余にわたり戦いを交えた。この間 1269年ハイドゥはキプチャク・ハン,チャガタイ・ハン (バラク) らとタラス河畔に会盟し,みずから大ハンを唱えた。しかし 94年にフビライが,1301年にハイドゥが死亡するに及び,両者の後継者の間に和解が成立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハイドゥ(海都)の関連キーワードマング・チムール(忙哥帖木児)ユチチャル(月赤察児)トゥトゥカ(土土哈)チャバル(察八児)アントン(安童)元(中国の王朝)ナヤン(乃顔)バラク(八剌)ドゥワ(篤哇)武宗[元]成宗[元]シリギ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android