コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハザード ハザード hazard

翻訳|hazard

3件 の用語解説(ハザードの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハザード(hazard)

危険。特に、予測できない危険。→リスク
ゴルフで、コース内の危険区域。バンカー・池など。「ウオーターハザード
ハザードランプ」の略。「ハザードをたく(=点滅させる)」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

ハザード

危険に関する概念で、事故発生をもたらす事情、条件のことで、いわゆる危険事情のことです。例えば火災の場合、損害発生の確率や損失の規模に深い関連のある建物構造、用途、危険物の取扱い等をハザードといいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハザード【hazard】

危険。危機。障害。また、それを生じさせるもの。
ゴルフで、バンカーや池・川など、コース中の障害地域の総称。 「ウォーター--」
〔ハザード-ランプの略〕 自動車の緊急警告灯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハザードの関連キーワード人保険単独海損福因保険事故偶然事故身体的危険被保険危険給付・反対給付均等の原則船舶修繕費保険経済必要

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハザードの関連情報