コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシブトガラス ハシブトガラス Corvus macrorhynchos; large-billed crow

3件 の用語解説(ハシブトガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシブトガラス
ハシブトガラス
Corvus macrorhynchos; large-billed crow

スズメ目カラス科。全長 48~59cm。全身光沢のある黒色でハシボソガラスに似るが,体がやや大きく,が太い。インドヒマラヤ山麓からシベリア南東部,東アジア東南アジア温帯から熱帯にかけて広く分布し,日本にも全国に留鳥として生息している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハシブトガラス

カラス科の鳥。翼長36cm。全身が黒色。よく似たハシボソガラスにくらべ,くちばしが太く,額が盛り上がっている。アジア東部から南部に分布し,日本では全国に留鳥として生息。
→関連項目カラス(烏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシブトガラス
はしぶとがらす / 嘴太鴉
jungle crow
[学]Corvus macrorhynchos

鳥綱スズメ目カラス科の鳥。全長約56センチメートル。全身黒色。西はアフガニスタンから南・東南・東アジア、北は沿海州まで広く分布し、南方のものはやや小さい。日本全国で普通にみられる2種のカラスのうちの一つである。もう一つハシボソガラスに比べると、嘴(くちばし)が太くて長く、また都市や山林に多く、農村地域に少ない。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハシブトガラスの言及

【カラス(烏∥鴉)】より

…スズメ目カラス科カラス属Corvusの鳥の総称。日本人が一般にカラスと呼んでいる鳥は,日本の各地で繁殖しているハシボソガラスCorvus corone(イラスト)とハシブトガラスC.macrorhynchos(イラスト)である。ハシボソガラスは旧北区のほぼ全域に分布し,日本では九州以北で繁殖。…

※「ハシブトガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハシブトガラスの関連キーワード楓鳥空雀鯛紅雀川烏高麗鶯すずめやカラス(烏∥鴉)カワガラス(河烏)スズメ目

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハシブトガラスの関連情報