コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハートリー Hartley, David

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハートリー
Hartley, David

[生]1705.8.20. ヨークシャー,アームリー
[没]1757.8.28. イングランド,バス
イギリスの医師,心理学者。ケンブリッジ大学ジーザス学寮の特別校友,のちニューアーク,ロンドンなどで開業。心理現象を生理学的に大脳過程として説明しようとし,神経振動の仮定によって連想心理学を創設した。唯物論的思想家ともいえるが,霊魂の不滅を否定していない。彼の思想は J.S.ミルが取上げるまで閑却されていたが,それ以後は H.スペンサー,A.ベイン,G.H.ルイスなどに多大の影響を与えた。主著『人間の考察』 Observations on Man,His Frame,His Duty,and His Expectations (2巻,1749) ,『人間精神の理論』 Theory of the Human Mind (75) など。

ハートリー
Hartley, Leslie Poles

[生]1895.12.30. ピーターバラ
[没]1972.12.13. ロンドン
イギリスの小説家。性格の違う姉弟の成長を描いた3部作『えびといそぎんちゃく』 The Shrimp and the Anemone (1944) ,『第六天国』 The Sixth Heaven (46) ,『ユーステスとヒルダ』 Eustace and Hilda (47) で知られる。『媒介者』 The Go-Between (53) でハイネマン財団賞を受けた。

ハートリー
Hartree, Douglas Rayner

[生]1897.3.27. ケンブリッジ
[没]1958.12.12. ケンブリッジ
イギリスの理論物理学者。ケンブリッジ大学で学び,1926年学位取得。マンチェスター大学で初期は応用物理学を,のちには理論物理学を講じた (1929~46) 。 46年からはケンブリッジ大学数理物理学教授。多電子原子の波動関数を計算するにあたってのハートリー近似を案出したことで知られる。第2次世界大戦中は弾道学,流体力学の数値解析を研究し,大戦後はいちはやく電子計算機の重要性に気づき,ケンブリッジ大学に計算機を導入し,その研究開発に尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハートリー

英国の心理学者,医師。主著《人間の観察》(1749年)で心理現象を振動の仮説で生理学的に説明,連想心理学の先駆とされる。
→関連項目観念連合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ハートリーの関連キーワードハートリー(Douglas Rayner Hartree)シャノン(Claude Elwood Shannon)ニューヨーク・ラブ・ストーリーダグラス・R. ハートレーハートリー‐フォック近似ハートリー=フォック近似ロバート・A. タフトタフト=ハートリー法クローズド・ショップクープマンスの定理ジョン メイオールブリルアンの定理つじつまのあう場ランチェスターフェアディール相関エネルギートラスト・ミー昼下りの決斗12月30日不当労働行為

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハートリーの関連情報