コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハード・エッジ ハード・エッジ hard edge

3件 の用語解説(ハード・エッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハード・エッジ
ハード・エッジ
hard edge

文字どおりの訳は「硬質で鋭い縁,線」だが,1958年,ロサンゼルスでの「4人の抽象古典主義者」において批評家 J.ランスナーが,はっきりした輪郭と平滑に塗られた色彩を用いた絵画に対してこう命名,L.アロウェイがこれを一般化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハード・エッジ

1950年代末,カラー・フィールド・ペインティングとほぼ同時期に生まれ,同様に画面を色彩の拡がりと捉えるが,マスキングテープを用い,色面と色調を〈鋭い縁〉で区切る手法による絵画をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハード・エッジ
はーどえっじ
Hard Edge

抽象表現主義の不規則で柔らかな色面に対して、この動きに影響されながらもそれ以後に現れた、限定的で平面的な形体を明確な堅い縁(ハード・エツジ)でくぎった表現方法をさす。このことばは、アメリカの批評家ジュールス・ラングスナーによって初めて用いられたといわれている。従来の幾何学的抽象とは異なり、形体と色彩の相互依存的で、かつ不可分な関係のうちに色彩表現を重視している。一時期のケリー、F・ステラが代表的な作家にあげられる。[藤枝晃雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハード・エッジの関連キーワード氷の刃大通文字通りフィールドカメラ大通りの店大通北大通西大通南栄通本通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハード・エッジの関連情報