バット(英語表記)Butt, Isaac

  • BAT
  • Brilliant Antitank Munition
  • vat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1813.9.6. ドネガル,グレンフィン
[没]1879.5.5. ダブリン
アイルランドの政治家。 1852~65,71~79年イギリスの下院議員。 70年に自治協会を設立してアイルランド自治運動 (→ホームルール ) を展開。アイルランドの立法権をイギリスから分離することを目指した。しかし,まもなく自治協会は土地同盟と合同して,指導権を C.パーネルに奪われた。
全天候型の自律装甲子弾。 1984年からアメリカ陸軍用にノースロップ社が開発した。誘導には音響と赤外線のハイブリッド・センサを使用し,タンデム式成形炸薬弾頭で戦車を破壊する。全長 90cm,直径 13.75cm,重量約 20kg。地対地型 TSSAM (3軍統合スタンドオフ攻撃ミサイル) ,あるいは ATACMS (通常弾頭付戦術ミサイル) のいずれにも組込め,MLRS (多連装ロケット発射機) からも発射できる。集結した敵戦車群をねらって遠距離に散布すれば,自律的に戦車を捜索して攻撃する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

野球などで、球を打つ木製または金属製の棒。
卓球で、ラケットのこと。
浅い箱形の容器ステンレス製・プラスチック製・琺瑯(ほうろう)引きなどがあり、料理や写真現像などで用いる。
オマーン北部、アフダル山西麓にある遺跡青銅器時代採掘で栄え、遠くメソポタミアまで輸出していたと考えられている。直径20メートル、高さ10メートルという五つの巨大なが発掘されたが、その目的などはわかっていない。周辺のアルフトゥムアルアインの遺跡とともに、1988年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (bat) 球技で球を打つ用具。
(イ) 野球で用いる細長い棍棒。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉三「猟師種が島を提げ弄球家(ベースボール、マン)バットをふりまわす珍重の至りにあらず」
(ロ) クリケットで用いる打ち板。
(ハ) 玉突に用いる棒。玉突棒。キュー。
※風俗画報‐二三九号(1901)遊戯「甲板玉突〈略〉両人玉突棒(バット)を擁して、遠距離に立つ」
(ニ) 卓球のラケット。
(ホ) テニスのラケット。
※松蘿玉液(1896)〈正岡子規〉七月一九日「此技、ゴム球をバット(長さ四尺許りの杓子形の者)にて打ち合ふ者なれば」
〘名〙 (vat) 平たい角形の容器。ステンレス製や琺瑯(ほうろう)引きで、料理や写真の現像、化学実験などに使う平皿。〔フィルム写真術(1920)〕
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の家「ちらりと自分の方に一瞥をなげると、彼は袂からバットの箱を取り出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バットの関連情報