コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バット バット Butt, Isaac

10件 の用語解説(バットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バット
バット
Butt, Isaac

[生]1813.9.6. ドネガルグレンフィン
[没]1879.5.5. ダブリン
アイルランドの政治家。 1852~65,71~79年イギリスの下院議員。 70年に自治協会を設立してアイルランド自治運動 (→ホームルール ) を展開。アイルランドの立法権をイギリスから分離することを目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バット
バット
Brilliant Antitank Munition; BAT

全天候型の自律装甲子弾。 1984年からアメリカ陸軍用にノースロップ社が開発した。誘導には音響と赤外線のハイブリッド・センサを使用し,タンデム成形炸薬弾頭で戦車を破壊する。全長 90cm,直径 13.75cm,重量約 20kg。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バット(bat)

野球などで、球を打つ木製または金属製の棒。
卓球で、ラケットのこと。

バット(bat)

蝙蝠(こうもり)。

バット(vat)

浅い箱形の容器。ステンレス製・プラスチック製・琺瑯(ほうろう)引きなどがあり、料理や写真現像などで用いる。

バット(Bat)

オマーン北部、アフダル山西麓にある遺跡。青銅器時代に銅の採掘で栄え、遠くメソポタミアまで輸出していたと考えられている。直径20メートル、高さ10メートルという五つの巨大な塔が発掘されたが、その目的などはわかっていない。周辺のアルフトゥムアルアインの遺跡とともに、1988年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

バット

単層②

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バット【bat】

野球で、球を打つときに用いる棒。木製のものと金属製のものがある。

バット【vat】

浅い、底の平らな、四角形の容器。料理や写真の現像などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

バット【vat】

調理の際、下ごしらえや盛りつけまでの仮置きなどに用いる、浅くて底が平らな容器。四角形が一般的だが、円形のものもある。ステンレス製・プラスチック製・ほうろう引きなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バットの関連キーワードアルアインオマーン原油アフダル山アルフトゥムジュベルアフダルナハルバハラキンタマーニアフダル山地アフダル山地(リビア)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バットの関連情報