コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バティック batik

翻訳|batik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バティック
batik

東南アジア産の臈纈 (ろうけち) 染の布。現在日本でバティックという場合には,インドネシア産のものをさし,一般にはジャワ更紗といわれている。現在のインドネシアのバティックには,伝統的なデザインと植物性染料を用いて製作されたもののほか,外国からの影響を受けたデザイン,輸入化学染料を用いた多彩なものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バティック

インドネシアのジャワ島を中心に行われている蝋纈(ろうけつ)染。ジャワ更紗のこと。広義には臈纈染一般をいう。木綿や絹に,藍色,茶褐色などで多彩な動植物文様や幾何学文様が染めだされる。
→関連項目サロン(衣服)ジョクジャカルタチルボン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バティック【batik】

ジャワ更紗のことで,蠟の防染によって染める。中部ジャワのソロ,ジョクジャカルタ両古都周辺が本場で,色は藍と茶褐色が古来の色調である。茜(あかね)や緑,淡紅その他の色は,18世紀以降中国やインド,アラブ諸国の影響をうけたジャワ島北岸のチルボンやペカロンガンなどのバティックに多用された。色もそうだが,とくにその模様において,ジャワ各地でも地域により多様性をみせてきた。例えばチルボンでは王宮門に獅子,ペルシアの壺と中国の雷文,大柄な雲の模様などに大胆な特色をみせ,ペカロンガンを中心とする地域は唐草模様に飛ぶ鳥が主調である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バティック【batik】

インドネシアのジャワ島を中心に生産される文様染め。植物染料を使用し、蠟ろう防染による。ジャワ更紗サラサ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバティックの言及

【更紗】より

…日本で模倣製作されたものは特に〈和更紗〉と称する。〈さらさ〉は元来輸入語であるが,今日,日本でのみ使用される染色用語で,英語ではインド更紗には〈チンツchintz〉,ジャワ更紗には〈バティックbatik〉,ヨーロッパの更紗には〈プリントprinted cotton〉の名が当てられる。〈さらさ〉の語源についてはジャワ語のsrash,ポルトガル語のsarassa,saraça,スペイン語のsaraza,インド西海岸の要港であったスラタ(スラト)Sulatの転訛(《紅毛雑話》),などが挙げられるが,いずれも確かな証拠はない。…

【更紗】より

…日本で模倣製作されたものは特に〈和更紗〉と称する。〈さらさ〉は元来輸入語であるが,今日,日本でのみ使用される染色用語で,英語ではインド更紗には〈チンツchintz〉,ジャワ更紗には〈バティックbatik〉,ヨーロッパの更紗には〈プリントprinted cotton〉の名が当てられる。〈さらさ〉の語源についてはジャワ語のsrash,ポルトガル語のsarassa,saraça,スペイン語のsaraza,インド西海岸の要港であったスラタ(スラト)Sulatの転訛(《紅毛雑話》),などが挙げられるが,いずれも確かな証拠はない。…

※「バティック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バティックの関連キーワードシーワールドハンディクラフトカルチャーミュージアムジャディバティックセンターカイン・パンジャンハジ サマンフディビックスモールンジョグジャカルタチロ(鈴木智彦)ゴン(吉留明宏)バティックシャツ東南アジアの工芸ビーチサッカーヒップ・ホップタップ・ダンスレペシンスカヤどりーむぷりんバティック工場サロン(腰衣)ワヤン・ゴレジャワサラサ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バティックの関連情報