コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダ海 バンダかい Laut Banda; Banda Sea

4件 の用語解説(バンダ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダ海
バンダかい
Laut Banda; Banda Sea

太平洋の縁海の1つ。インドネシア東部,スラウェシ島南東方の海域。東,北および南を新期造山帯に属する東インドネシア弧状列島が限り,西はスラウェシ島で境され,北部でセラム海に,南部でアラフラ海ティモール海に,西部でフロレス海に接続する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バンダ‐かい【バンダ海】

Bandaモルッカ諸島スラウェシ島小スンダ列島東部に囲まれる海域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バンダ海【バンダかい】

太平洋の西部の縁海。インドネシアの東部にあり,スラウェシセレベス)島とマルクモルッカ)諸島の島々に囲まれ,西はフロレス海,東はアラフラ海へ続いている。東西950km,南北480km,面積74万km2の海域で,最深部は7440mに達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダ海
ばんだかい
Laut Banda

インドネシア東部、小スンダ列島東部、モルッカ諸島、スラウェシ島に囲まれた海域。面積73万8000平方キロメートル。水深は全般的に深く4000~5000メートル、最深点は7440メートルで南東部のウェーバー海溝にある。海水は高温のため塩分が多い。また、海域を流れる海流は、北半球の高日季は西へ、低日季は東へと季節によって変化する。この海域はカツオマグロの好漁場で、日本の遠洋漁船が活躍している。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンダ海の関連キーワードインドネシアインドネシア語派トライネシアマレーポリネシア語族インドネシア海溝ラヤ山インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシア日本のインドネシア占領

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンダ海の関連情報