コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダ海 バンダかいLaut Banda; Banda Sea

4件 の用語解説(バンダ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダ海
バンダかい
Laut Banda; Banda Sea

太平洋の縁海の1つ。インドネシア東部,スラウェシ島南東方の海域。東,北および南を新期造山帯に属する東インドネシア弧状列島が限り,西はスラウェシ島で境され,北部でセラム海に,南部でアラフラ海ティモール海に,西部でフロレス海に接続する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バンダ海【バンダかい】

太平洋の西部の縁海。インドネシアの東部にあり,スラウェシセレベス)島とマルクモルッカ)諸島の島々に囲まれ,西はフロレス海,東はアラフラ海へ続いている。東西950km,南北480km,面積74万km2の海域で,最深部は7440mに達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダ海
ばんだかい
Laut Banda

インドネシア東部、小スンダ列島東部、モルッカ諸島、スラウェシ島に囲まれた海域。面積73万8000平方キロメートル。水深は全般的に深く4000~5000メートル、最深点は7440メートルで南東部のウェーバー海溝にある。海水は高温のため塩分が多い。また、海域を流れる海流は、北半球の高日季は西へ、低日季は東へと季節によって変化する。この海域はカツオマグロの好漁場で、日本の遠洋漁船が活躍している。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンダ海の関連情報