パス(PAS)(読み)パス

百科事典マイペディアの解説

パス(PAS)【パス】

抗結核薬。パラアミノサリチル酸の略称。白〜淡クリーム色の結晶。各種結核性疾患にカルシウム塩またはナトリウム塩としてストレプトマイシン,カナマイシン,イソニアジドなどと併用。副作用として胃腸障害などがある。1950年代に多用されたが,現在はあまり使用されない。
→関連項目小児結核

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android