コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パブロワ パブロワ Pavlova, Anna

8件 の用語解説(パブロワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パブロワ
パブロワ
Pavlova, Anna

[生]1881.2.12. ロシア帝国サンクトペテルブルグ
[没]1931.1.23. オランダハーグ
ロシアバレリーナフルネーム Anna Pavlovna Pavlova。ロシア帝室舞踊学校に学び,卒業後マリインスキー劇場バレエ団に入り,『ジゼル』の主役で大成功を収め,1906年プリマ・バレリーナになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パブロワ
パブロワ
Pavlova, Karolina Karlovna

[生]1807.7.22. ヤロスラブリ
[没]1893.12.14. ドイツドレスデン
ロシアの女流作家。主著『クレムリンでの会話』 Razgovor v Kremle (1954) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パブロワ
パブロワ
Pavlova, Eliana

[生]1899.3.22. チフリス(現トビリシ)
[没]1941.5.6. 南京
ロシア生れの舞踊家。白系ロシア人貴族の家に生れる。革命を逃れて,妹ナデジダとともに上海経由で 1920年頃日本に亡命。ペテルブルグ帝室舞踊学校で学んだ実績を生かして鎌倉七里ヶ浜で教室を開き,定住した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パブロワ(Anna Pavlovna Pavlova)

[1882~1931]ロシアのバレリーナディアギレフバレエリュスに参加したが、のち一座を組織して世界各地で公演。「瀕死の白鳥」で名声を得た。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パブロワ

ロシア出身の女性舞踊家。20世紀初頭における最大のバレリーナ。ペテルブルグの帝室舞踊学校で学び,1899年マリインスキー劇場バレエ団に入団。古典作品の主役を次々と踊り,1906年にはプリマ・バレリーナとなる。
→関連項目ウラノワジゼルスペシフツェワチェケッティレ・シルフィード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パブロワ【Anna Pavlovna Pavlova】

1881‐1931
ロシア出身の女性舞踊家。農民出の兵士と洗濯婦の家庭に生まれた。1899年ペテルブルグ帝室劇場の舞踊学校に学び,マリインスキー劇場デビュー。完璧な技巧と新鮮な感覚によって古典の名作に新たな魅力を加える一方,学友M.フォーキンの新作に協力。とくにサン・サーンス作曲の《白鳥》(1907年フォーキン振付。のちに《死の白鳥》と改題)は新しいバレエのシンボルとなった。1909年〈バレエ・リュッス〉のパリ公演は彼女に世界的名声をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パブロワ【Anna Pavlovna Pavlova】

1881~1931) ロシアのバレリーナ。ディアギレフのロシア-バレエ団に参加。のち自分のバレエ団を組織。「瀕死の白鳥」の名演で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パブロワ
ぱぶろわ
Анна Павловна Павлова Anna Pavlovna Pavlova
(1881―1931)

ロシア出身のバレリーナ。サンクト・ペテルブルグに生まれ、同地の帝室舞踊学校に学ぶ。マリンスキー劇場に入り、1906年にはプリマ・バレリーナとなる。07年にフォーキン振付けの『瀕死(ひんし)の白鳥』を踊り名声を得た。09年ディアギレフのロシア・バレエ団に参加したが、11年以降自身のバレエ団を創設し、イギリスを本拠に世界各地を巡演。日本にも22年(大正11)に来演し、6世尾上(おのえ)菊五郎と舞踊の交歓会を開いている。ダンサーとして抜群の魅力を備え、とくに手の表現の柔らかさは観客の目を見張らせた。現在も出演映画『不死の白鳥』(1924)に、その魅力の片鱗(へんりん)をみることができる。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パブロワの関連キーワードエルマンニジンスカバレリーナ瀕死の白鳥プティパアルヘンティーナ陸兵三人の兵士霧島エリ子自由ロシア出版所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パブロワの関連情報